活ワタリガニの茹で方(捌き方付き)

活ワタリガニの茹で方(捌き方付き)

Description

身の締まる晩秋から春が旬。甘味のある身やミソ、内子(未成熟卵)を楽しみます。ムシャムシャ楽しみましょう♪

材料

ワタリガニ(ガザミ)
お好きなだけ
◆熱湯
たっぷり
◆塩
適量
三杯酢(レシピNo.585943)
お好みで

作り方

  1. 1

    写真

    今回購入したのは、秋田産のメスで400gです。

  2. 2

    写真

    カニは熱湯の中で暴れないよう茹でる直前に口に竹串をグサリと差し込んでしめます。すぐに動かなくなります。

  3. 3

    大きめの鍋にぐらぐらと湯をわかし、塩気がする程度に塩をひとつかみ加えて、カニをあおむけに投入し、20分茹で上げます。

  4. 4

    写真

    茹で上がりです。腹を下に水をきります。やっぱり脚が落ちてしまいました;ちょっと火が強かったかな。今後の課題にします。

  5. 5

    写真

    【捌き方】 ①腹にある三角形の腰巻(オスならふんどし)を取ります。メスは幅広です。

  6. 6

    写真

    ②腹を上に甲羅をおさえ、脇あるいは尻のほうからパカッと甲羅を開けます。

  7. 7

    ③お好みでハサミと脚を落とします。

  8. 8

    ④腹のエラ(ガニ)は食べられないので取り除きます。

  9. 9

    写真

    ⑤腹は身を半分に割り、身をほじくりながらムシャムシャ頂きます。さらに横にスライスしても食べやすいかも。

  10. 10

    足は縦に切り込みを入れるか、両はじをカットし、爪などで身を少し押し出しておくと食べやすいです。

  11. 11

    お好みで三杯酢を♪

コツ・ポイント

死んでしまうと味が落ちる為なるべく活けのうちに茹でます。熱湯にカニを入れると苦しんで 脚を落としてしまうこともある為水から茹でる方法もあるようです(沸騰してから10分)。茹で時間が不足すると卵巣が固まらず、茹で過ぎると身がやせるそうです。

このレシピの生い立ち

築地市場で活けを買って教えてもらいました♪自分用覚書です。
レシピID : 1301543 公開日 : 10/12/04 更新日 : 10/12/06

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

21 (20人)
写真

2020年9月25日

うまくできました(^^)

写真

2020年9月22日

色よくゆで上がりました!絶対美味しいよね~楽しみ

写真

2020年9月8日

参考にさせていただきました

写真

2018年7月14日

参考にさせて頂きました。 ありがとうございました。

お役に立てて嬉しいです♪

コメントを書くには ログイン が必要です

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね