防災食・ハイゼックス包装食

防災食・ハイゼックス包装食

Description

静岡県に伝わる伝説の防災食。防災訓練の折の炊き出しで配られるもの。その実態は湯せんで炊くごはんである

材料 (一袋1合分(おにぎり2個相当))

【基本レシピ・()内は無洗米】
洗米(無洗米)
カップ1
カップ1(無洗米215cc)
【醤油味つき】
洗米(無洗米)
カップ1
醤油
大さじ1
185cc(無洗米200cc)
※↑水+醤油でカップ1(無洗米215cc)
----

作り方

  1. 1

    写真

    ポリ袋を用意。写真は専用の袋。実験的にやるだけなら普通のポリ袋でも可。ジップロックは耐熱温度が70度なので避けた方が無難

  2. 2

    写真

    洗った米(または無洗米)を入れる。向かって左は通常のポリ袋。スーパーの小分けビニール袋と同じもの

  3. 3

    写真

    水カップ1(無洗米は215cc)を入れる。なるべく空気を入れないようにそっと入れる

  4. 4

    写真

    空気を追い出しながら袋の口を縛る。かた結びでも輪ゴムでも可。若干水を搾り出す感じでやるとうまくできる

  5. 5

    写真

    かた結びにしたところ。なるべく気泡を少なくしないと、空気が膨張して袋が破れる

  6. 6

    写真

    湯。非常時の場合、これに飲料用でない水を使ってもよい。なべに袋が直接触れると溶けるので、ざるをしくとよりよい

  7. 7

    写真

    包装食をそっと投入。再沸騰したら30分煮る。写真でわかるかもしれないが、空気がかなり膨張している。空気抜きは重要

  8. 8

    写真

    30分煮たあと引き上げて5分放置(蒸らす)。今度は空気が収縮して米袋がぴっちりしていく

  9. 9

    写真

    火傷に気をつけて包装を裂き、かぶりつく。はしも食器もいらないのは便利。しっかり握ったおにぎり2個分強になります

  10. 10

    写真

    今回試しに塩水でゆでてみましたが、普通の袋でやっても中のごはんには影響ありませんでした。袋の外側はしょっぱい

  11. 11

    【包装食の利点】
    ・清潔(握らない)
    ・配膳が楽
    ・食器、箸不要
    ・保存がきく
    ・火加減不要
    ・次々炊ける

  12. 12

    【包装食の利点2】
    ・個別に作ればアレルギーに対応できる
    ・鍋を洗わずにすむ
    ・おこげを作らない
    ・ホット

  13. 13

    【よくない点】
    ・水と設備が潤沢ならガス釜の方が効率良
    ・袋が使い捨て
    ・味付けで婦人会がもめる

  14. 14

    梅干・酢など殺菌作用のあるものを入れると常温でも保存がきく。佃煮などをいれると、保存はきかないがおいしい。目的にあわせて

  15. 15

    最悪、飲料水がないならペットボトルのお茶類で炊くのはどうだろう…
    いろいろ工夫しがいがあると思います

  16. 16

    RHTさんのブログにハイゼックス集団炊飯訓練の様子が沢山あります。http://cat-hand.org/hizex/

コツ・ポイント

煮るときに落し蓋的な重い物をのせると、よりムラなく加熱できるはず。
ポリ袋に賞味期限はない。いつもの米が非常食に。無洗米ならなお楽

このレシピの生い立ち

静岡県の防災訓練のとき、炊き出しで配られたもの。ドラム缶+マキとか一斗缶+焚き火で、茹で上がったのをあげる→新しいのを投入→あげる→…と次々100食くらい作っていった。
自分にとっては懐かしい味
レシピID : 1418859 公開日 : 11/04/23 更新日 : 16/04/20

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 
room7 2012年01月09日 11:06
はじめまして、また大きな地震が起こった時に水もあまり使えなくなった時にどうすれば洗い物が少なくご飯が炊けるかなと考えていましたが、こちら大変参考になりました。印刷してイザという時の為に保存しておきます。ありがとうございました(^^)
sca 2012年01月09日 13:40
おっ、ありがとうございます。ぜひ一度試しに作ってみてください。醤油味つきのほうは静岡県ではさくらごはんと呼ばれてるものに近いので食べやすいと思います。
yfuku 2015年11月21日 14:21
災害時の炊飯方法について調べていて、たどり着きました!
とても勉強になりました。ありがとうございます^ ^
コメントを書くには ログイン が必要です