煎り酒(江戸前料亭の再現)

煎り酒(江戸前料亭の再現)
醤油が無かった江戸時代の調味料です。料亭にこっそり教えてもらった作り方を再現しました。刺身に合います。
買い物リストに追加
買い物リストに追加
買い物リストに追加

材料

純米酒
300cc(1本)
昆布
10cm
塩だけでつけた梅干し
大粒4個
鰹節(荒削り)
5枚

1

水を含ませたキッチンペーパーで昆布をかるく拭き、純米酒に半日つけておきます。必ず純米酒を使ってください。料理酒はダメです

2

写真

梅干しは添加物のはいってない、塩だけでつけたものを用意してください。今回使用している梅干しは自家製の塩分5%。

3

写真

1に材料をすべて入れて強火で煮込み、水分を1割飛ばし、火を止め。さましてください。

4

さらしで漉して、食べるときは、お好みで薄口醤油と合わせて召し上がってください。
お刺身の味が引き立ちます。

コツ・ポイント

市販の梅干しはほとんどが塩分10%以上で、塩分が少なくなるほど高価で、しかも添加物が多いです。しかし添加物入りの梅干しでは本来の味が出せません。多少塩分が高くても塩だけで漬けた梅干しを使ってください。

このレシピの生い立ち

ぶらタモリで「煎り酒」を知り、これは是非食べてみたい!とあちこち聞きまくりました。
レシピID : 1859903 公開日 : 12/06/22 更新日 : 12/06/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

14/03/19

写真

ずっと気になってた煎り酒!上品なお味でした。

yopi45

作ってくれてありがとう!