グラッシュ (ハンガリー風ビーフシチュー)

グラッシュ (ハンガリー風ビーフシチュー)
ハンガリー原産?ですが、ドイツでは家庭でもレストランでも定番の料理です。ご飯(バターライスやピラフ)やパスタ、茹でたジャガイモ、パン、何にでも合います。サワークリームを添えてどうぞ。
買い物リストに追加
買い物リストに追加
買い物リストに追加

材料 (8~10人)

牛肉
500~600g(シチュー/カレー用)
豚肉(ばら肉)
500~600g(シチュー/カレー用)
中2個
2~3かけ
マッシュルーム
生400g (あるいは缶詰大1缶)
小麦粉
大さじ2~3
パプリカ
大さじ2
赤ワイン(安物でOK)
200~300ml
ホールトマト(缶)
400g(1缶)
400~600ml
ビーフブイヨン
1個
ローリエ
2・3枚
適当
コショウ
適当

1

写真

牛肉、豚ばら肉とも2,3cmのブロックに切っておきます。大鍋を用意し、まず豚ばら肉の脂の方を底にして強火で焼きます。油が出てきたら全体を転がしていためます。水分をとばして、キツネ色になるまで炒めます。

2

写真

牛肉を加えて、さらに炒めます。水分がなくなって、油のなかで焦げ付くまで、時々混ぜながら炒めます。ここで十分焦げをつけないと、あとでコクが出ません。

3

写真

適当な薄切りにしておいた玉ねぎとニンニクを加え、飴色になるまで混ぜながら炒めます。

4

写真

マッシュルームは、生ならこのとき入れて、油をしみこませるように混ぜます。別のフライパンでマーガリン少々で炒めてから入れてもOK。缶詰ならあとで入れてもいいです。

5

写真

小麦粉をふりかけます。よく混ぜて油で小麦粉を焦がす感じで。パプリカも入れます。

6

写真

赤ワインを入れて、鍋についた焦げを削げとります。ホールトマト、水を加えます。

7

写真

ローリエ、ビーフブイヨンを加えて、ふたをして約1時間中~弱火で煮込みます。塩、コショウで味を調えます。

8

グラッシュは冷えて、温め返す時においしくなります。翌日の方がおいしくなるので、お客様のあるときは前日に用意を。

コツ・ポイント

牛肉だけよりも脂つきの豚肉と半々にしたほうがおいしいと思います。重要なコツは肉をよく焦がすこと。そして玉ねぎも均等に飴色にいためます。この「焦げ」がグラッシュのコクと色を作ります。たくさん作ったら冷凍できます。煮返すほどおいしくなります。

このレシピの生い立ち

よく作る割には、しっかりしたレシピは持っていなかった。北京時代の友人のリクエストで書き上げてみました。
レシピID : 218055 公開日 : 05/09/26 更新日 : 05/09/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
mangotango 2005年11月15日 14:20
友人がヨーロッパ旅行から戻ってきて、「こんな料理を食べた。旨かった。」といってリクエストされた料理がたぶんグラッシュだと思われる物でした。
時間が無かったので圧力鍋で20分調理しました。次回は前日からじっくりと煮込みたいと思います。
豚肉と牛肉を一緒に煮るのには目からうろこでした。
ベルリン餃子 2005年11月16日 03:02
感想をありがとうございました。

このグラッシュ、クスクスで食べてもいけますよ。