春の香りいっぱい~ 日向夏のマーマレード

春の香りいっぱい~ 日向夏のマーマレード

Description

露地物の日向夏(ニューサマーオレンジ)が手に入ったら是非マーマレードに!手づくりの美味しさは格別です(*^^*)

材料

日向夏
適量
日向夏の60~70%
クエン酸 または レモン汁
必要に応じて適量

作り方

  1. 1

    写真

    マーマレードは果皮を食しますので国産の無農薬柑橘類を使用してください。ワックスについては重視しなくても大丈夫です。

  2. 2

    写真

    国産のワックスは食品添加物として許可された成分で出来ています。また、作業行程中に取り除かれてしまいますので心配ないです。

  3. 3

    写真

    皮を刻みます。特に決まりはありませんが、長さを揃えると出来上がりが美しいです。刻んだ端からたっぷりの水につけてください。

  4. 4

    写真

    果実は房袋(薄皮)から出して 種を丁寧に取り除きます。苦みが気にならないなら袋から出さず種を取り粗く刻んでも大丈夫です。

  5. 5

    写真

    果皮と果実を合わせて計り砂糖の分量(60~70%)を決めますが果実には糖分があるので仕上げに味を確認して調整します。

  6. 6

    写真

    刻んだ皮は水を換えながら洗いザルで水を切ります。繊維が壊れるので絞りません。たっぷりの湯で4~5分煮たら茹でこぼします。

  7. 7

    写真

    茹でこぼした皮はよく洗い たっぷりの水でしばらく晒します。一部食べてみて 皮がまだ苦い場合は再度茹でこぼしてください。

  8. 8

    写真

    2~3回茹でこぼしても苦味が強い場合は水量が少ないかもしれません。苦い水でいくら茹でたり晒しても苦味は抜けていきません。

  9. 9

    写真

    適度に苦味が抜けたら厚手の鍋に果皮と被るくらいの水を加え軟らかくなるまで煮て下さい。

  10. 10

    写真

    冷めると果皮は硬くなるので指で潰れるくらいまで軟らかく煮るのがコツです。計量したグラニュー糖の1/3量と果実を加えます。

  11. 11

    途中水を足しながら 常にヒタヒタの水分で煮ます。4~5分煮たら残りのグラニュー糖を2~3回に分けて加え 更に煮て下さい。

  12. 12

    写真

    一度に砂糖を加えると果皮が硬くなります。ゆっくり浸透させたいので面倒でも砂糖は2~3回に分けて加えて下さい。

  13. 13

    砂糖を加えると焦げ付きやすいので火加減に気を付けて全体に透明感が出るまで煮てください。混ぜ過ぎも煮崩れるので注意です。

  14. 14

    写真

    クエン酸またはレモン汁を加えたら火力を強めてジャムの温度を上げてください。弱火でゆっくり煮たのではジャムは固まりません。

  15. 15

    写真

    疲労回復や動脈硬化の予防に良いとされるクエン酸は薬局で手に入ります。お料理にもお掃除にも使える優れ物です。使用は極少量!

  16. 16

    写真

    ゼリー状のとろみは果実に含まれるペクチンの働きによるものです。そのペクチンが固まるには一定の糖分と酸と熱が必要です。

  17. 17

    なので、糖分を控えると温度も上がらず糖度も満たないのでペクチンは固まらず水っぽい仕上がりになってしまいます。

  18. 18

    写真

    冷めるとジャムは硬くなるので 少し緩めのところで火を止めます。保存瓶に移して完成♡保存は冷蔵庫で2週間位です。

  19. 19

    写真

    たくさん作って長期保存(1ヶ月~1年)する場合は脱気・殺菌(ID:2549778)処理を行って下さい。

  20. 20

    写真

    【参考レシピ】
    ルビー色のきらきら林檎ジャム
    ID:2372323

  21. 21

    写真

    【参考レシピ】
    クランベリーとりんごのミックスジャム
    ID:2377001

  22. 22

    写真

    【参考レシピ】
    桜桃のジャム
    ID:2355758

  23. 23

    写真

    【参考レシピ】
    しっとりやわらかオレンジピール
    ID:2309376

  24. 24

    写真

    【参考レシピ】
    きんかんのグラッセ
    ID:2552941

  25. 25

    写真

    【参考レシピ】
    日向夏のピール
    ID:2591326

  26. 26

    写真

    【参考レシピ】
    いちごジャム
    ID:2570512

  27. 27

    写真

    【参考レシピ】
    プリザーブスタイルのいちごジャム
    ID:2569329

  28. 28

    写真

    【参考レシピ】
    温州みかん(冬みかん)のマーマレード
    ID:2577405

  29. 29

    写真

    【参考レシピ】
    国産オレンジのマーマレード
    ID:2612491

  30. 30

    写真

    【参考レシピ】
    ブルーベリージャム
    ID:3998911

  31. 31

    写真

    【参考レシピ】
    豚肉のマーマレード煮・変わり煮豚
    ID:2584162

  32. 32

    写真

    【参考レシピ】
    きゅうりとマーマレードの酢の物
    ID:3969098

コツ・ポイント

柑橘類の皮の苦味には個体差があるので食しながら確認して下さい。茹でこぼしや晒す水の量が少ないと苦味は抜けづらいので水はたっぷり用意します。時間の経過とともに苦味は和らぎますし その苦味がマーマレードの美味しさなので抜き過ぎないようにします。

このレシピの生い立ち

マーマレードは水分量がとても難しいです。シャバシャバ水っぽかったり 煮詰めすぎると飴のように硬くなってしまします。ゼリー状のしっとりキラキラしたマーマーレードに仕上げるには しっかり糖分を加え クエン酸を加えたら温度を確実に上げることです。
レシピID : 2310972 公開日 : 14/03/27 更新日 : 16/08/05

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

43 (39人)
写真

2023年1月5日

ジャム造りの極意を学ばしてもらいました♡感謝^^

写真

2022年5月17日

三温糖なので少し飴色ですがとても美味しいです♪

写真

2022年4月29日

香り良いジャムが出来ました🥰

写真

2021年4月15日

めちゃくちゃ美味しいです!

カサレッチェ 2014年03月28日 14:35
初めまして
カサレッチェと申します。
マーマレードは、去年作ったのですが、苦くて挫折しました(^^;;
果皮だけでなく、薄皮も苦いのですか?
皮は食べても苦くないので、大丈夫かと思って入れていました。
薄皮が苦味の原因だったのでしょうか?
ハートフルキッチン麗 2014年03月28日 19:57
こちらこそ
ご訪問ありがとう(*^^*)

早速ですがご質問の件について
去年作られたマーマレードが苦かったとのこと
作り立ては「これは無理(>.<)!」って言うくらい苦いマーマレードも1ヶ月くらい寝かせると 苦みが気にならない程まろやかになります。
少し面倒ですが 煮沸・脱気の処理を行って寝かせてみると良いと思います。

それから柑橘類の薄皮の苦みは種類によって苦いものがあります。
夏みかんや八朔、グレープフルーツなどは苦いですが、温州みかんやオレンジ、このレシピの日向夏などは薄皮が苦くありません。
薄皮にはペクチンが豊富に含まれているので一緒に煮るときれいなマーマレードが作れますが 苦みが苦手ならば食べてみて苦い薄皮は加えない方がいいかもしれないですね。

他にわからないことなどありましたらご遠慮なくご連絡ください。
是非 美味しいマーマレード作ってみてください♪
カサレッチェ 2014年03月29日 20:44
ハートフルキッチン麗 様

詳しく説明してくださり、ありがとうございます♥️
種類によっても違うんですね。
勉強になりました^o^

最初は苦くても、一ヶ月くらい寝かせるとまろやかになるなんて、不思議☆
もう一度、挑戦してみます♪
コメントを書くには ログイン が必要です

このレシピを使った献立