ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー
下処理にひと工夫。下味に技アリ。炒めた玉葱とおかかプラスで食べやすいです。自慢の一品。

材料 (2人分)

ゴーヤ
細め1/2本(※)
木綿豆腐
200g
 
豚薄切り肉(バラでも小間でも)
100g
☆塩・酒・昆布茶(※)
各少々(肉の下味)
玉葱
1/4個(目安50g)
適宜
 
◎玉子
2個
◎オイスターソース・酒
各小1
◎マヨネーズ
小1
◎かつお節
小1袋(3g入)
 
生姜の絞り汁
小1
塩・胡椒(仕上げ)
適宜(メモ参照)

1

写真

豆腐はしっかりと水切りをする。我が家ではキッチンペーパーに包み、耐熱皿に入れてレンジで約2分半加熱→重しをして更に20分程置いています。ご参考に。

2

写真

《ゴーヤの下処理1》水洗いをし、ヘタを落とす。縦半分に切り、種とワタをスプーンで掻き出して除く。ゴーヤ特有の苦みが好きな方は手順4へ。苦手な方手順3へ。

3

写真

《ゴーヤの下処理2》手順2の方法で種とワタを除いたあと、3〜4㎜厚にスライスし、塩少々を加えた水に10分程さらして水気を切る。

4

写真

手順2の方法で下処理をしたゴーヤも3〜4㎜厚にカット。玉葱は薄切りにする。

6

写真

豚肉は、大きければ食べやすい大きさにカットし、下味(☆)をもみこむ。昆布茶(※)がない場合はだしの素で代用。

7

写真

フライパンにゴマ油を熱し、4の玉葱→5の豚肉の順に炒める。続いてゴーヤも加えて炒め合わせる。

8

写真

全体に油が回ったら、1で水切りをした豆腐を食べやすい大きさに切って6に加え、強火で水分を飛ばして一度皿などに取り出す。

9

写真

玉子をよくときほぐし、◎を加え混ぜる。7のフライパンを熱し、半熟状の炒り卵にする。

10

写真

8に7を戻して炒め合わせ、味をみて物足りなければ塩・胡椒で味を整える。最後に生姜の絞り汁を回し入れて火を止める。

11

写真

お皿に盛って完成。今回は仕上げにかつお節少々を飾りました。ごまや生姜でも美味しいです。

12

写真

【おまけ】今回使用したのは画像のお豆腐(200g×2パック入りのものを1パック)。ゴーヤ細め1/2本(※)は種、ワタつきの状態で約100g。

13

写真

【ポイント追記】手順8でマヨネーズを混ぜる際、多少ダマになっていても加熱すれば溶けるので気にせず。テフロン加工のフライパン使用でない場合等、必要に応じて油を適宜足して下さい。

14

15

*誠に勝手ながら、平成20年9/13以降、このレシピに戴くつくれぽはノーコメント掲載とさせて頂きます。ごめんなさい。*

コツ・ポイント

✿肉の下味(☆)で使用している酒と昆布茶は小1/3程が目安。✿手順1/豆腐をレンジにかけた後、熱いので火傷に注意。ちなみに500W使用。✿仕上げの胡椒は挽きたての黒胡椒たっぷりめがオススメ。味が締まります。

このレシピの生い立ち

✿理想の味を求めて研究。1: 玉子が固くなる→出汁巻き玉子のように調味料を混ぜたら味もついて一石二鳥?=成功。2: 私はゴーヤの苦みが好きだけど主人は苦手→玉葱を炒めて加えたら甘くなる&ゴーヤの下処理にひと手間=成功。3: これまで作っていたレシピが目分量で味付けは塩・胡椒・だしの素と曖昧→これぞ!という配合を決めたかった。
レシピID : 401666 公開日 : 07/07/10 更新日 : 08/09/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

224 (208人)

09/04/25

写真

味濃いくてテラウマス!

☆くばる☆

09/04/22

写真

ぶーちゃんではなくスパムで作りましたおいしかったです

かころん

09/04/20

写真

生姜の絞り汁のおかげで後味サッパリ。とっても美味しかったです♪

コバコフ

09/04/14

写真

今まで作った中で一番おいしいレシピでした! リピ決定♪

もゆゆ

1 2 3 4 5