✿イギリスパン✿

✿イギリスパン✿

Description

'08.11.19話題入り♪
材料はシンプルに。
丁寧に作ります。
'10.1.11,100人の方に♪

材料 (9センチ×9センチ×21センチのパン型1個分)

300グラム
ドライイースト
4グラム
砂糖
5~12グラム
美味しい塩
5グラム
6グラム
220cc
無塩バター
20グラム

作り方

  1. 1

    生地をこねる。HBの方は手順14へ。
    ここでは手ごねの方法を載せました。こねあげ温度28度を目指します。

  2. 2

    バター以外の材料をボールに入れかき混ぜる。水を30ccくらい残しておき、あとはボールに入れて生地をひとまとまりにする。

  3. 3

    写真

    生地を台の上に出しこね始める。(冬場は木の台で)水も冬場はぬるま湯で。

  4. 4

    写真

    こねやすい固さに水分を足していく。叩きつけたとき綺麗に伸びるように。水分は粉にも湿度にもよるのでレシピ以上でもOK.

  5. 5

    写真

    生地がしっとりして、台にこすりつけたとき気持よく伸びるように水分を足す。
    この「こねる」と…

  6. 6

    写真

    生地を持ちあげて台にバシンと叩きつけるようにする「叩く」を組み合わせて10分くらいこねる。

  7. 7

    写真

    ちぎったバターを乗せてこねると、

  8. 8

    写真

    こんな風に生地がくちゃくちゃに分裂する。これがしっかりこねれている目安。バターがすんなり入るのはこねが足りない。

  9. 9

    写真

    これこれ、こんな感じでいいのよ。

  10. 10

    写真

    で、くちゃくちゃを頑張ってこねてると、しっとりした気持ちいい生地になる。ここは5分くらい。

  11. 11

    写真

    グルテンの薄い膜ができていればOK。
    油脂をぬったボールに入れて暖かいところで40~50分発酵させる。

  12. 12

    気温が低い時の発酵法を手順31に載せました。夏場はラップをふんわりかけて室温で発酵します。

  13. 13

    写真

    生地が2倍くらいに膨らむまで。時間ではなく生地を見て。一次発酵終了。

  14. 14

    写真

    総重量を正確に3等分。はかりで生地を計って分割する。(ここがポイント)丸めて大きめのタッパーなどに入れベンチタイム15分

  15. 15

    写真

    ベンチタイムの時、生地のおしり分をしっかりつまんで閉じるのも大切。写真はベンチタイムが終わった生地。

  16. 16

    写真

    手で軽く抑え、ガスを抜き…

  17. 17

    写真

    麺棒で四角くのばす。

  18. 18

    写真

    写真のようにたたむ。真ん中部分をつまんで閉じる。

  19. 19

    写真

    手前をつまんでとじてから、くるくる巻く。

  20. 20

    写真

    巻き終わりをしっかりつまんで閉じる。

  21. 21

    写真

    横から見た図。
    (ちょっと可愛い)

  22. 22

    写真

    ショートニングを塗った型に3つ入れる。閉じ目が下。巻き目が横に来るように置く。

  23. 23

    写真

    暖かいところで2次発酵40~50分。型から生地が少し出るまで膨らませる。

  24. 24

    卵は塗っても塗らなくても、お好みで。トップの写真は卵は塗っていません。

  25. 25

    写真

    200度オーブン(電気)で20分焼き、そのあとアルミホイルをかぶせて、10分焼く。完成。(これは焼成後バターを塗りました

  26. 26

    オーブンから出して、型を10センチ上から台の上にバンっと落とす。それからパンをスライドさせて取り出す。網の上で冷ます。

  27. 27

    写真

    ■型のお手入れ:荒熱がとれて、まだ少し暖かい時に、手でショートニングを内側に丁寧にぬっておく。こうしてれば次は即使用可

  28. 28

    写真

    柔らかいです~♥
    この生地は砂糖が控えめなので塩気を感じるいい配合です。

  29. 29

    写真

    これは粉250グラムで作りました。どっちでも出来ます。(砂糖などは同率で減らします)

  30. 30

    ■ふたをして角食を焼きたいときは、この粉300グラムの配合で生地を作り、手順14のところで50グラムの丸パンを1つ取り、

  31. 31

    残りを正確に3分割。型の下1センチくらいまで発酵させてからふたをして焼きます。25分くらい。

  32. 32

    写真

    ☆気温が低い時の発酵法(パンの先生直伝):林檎が入っている白い大きな発砲スチロールの箱。

  33. 33

    写真

    カップにお湯を入れて箱の隅におきます。ふたをします。ラップはなくてもいいです。

  34. 34

    写真

    ふたの上に温度計が入る大きさに穴を開けて、温度計をぶっさします。さしたままにします。これで30度前後をキープします。

  35. 35

    温度はカップの数・お湯の温度で調節します。蓋を開けるたびに中の温度が下がりますので、それをふまえて調節します。

  36. 36

    写真

    ※'08.11.19
    おかげさまで話題入りしました。皆さん、いつも本当にありがとう~!!

  37. 37

    写真

    '10.1.11
    100人の方に作っていただきました。
    感激です。
    ありがとうございました^^

コツ・ポイント

水分量は生地を見ながら入れていきましょう。
粉によってかなり開きがあると思います。
レシピ以上になってもかまいません。
気温が低い時の発酵法はあくまでも参考です。
この方法だと湿度と温度が両方保たれるので私は好きです。

このレシピの生い立ち

砂糖の少ない食事用のパンを目指して作りました。
もう何十回も焼いたうちの定番です。
備忘録として載せました。
レシピID : 629727 公開日 : 08/09/30 更新日 : 17/09/10

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

622 (330人)
写真

2022年6月28日

美味しそうに焼けました。ありがとうございました。

写真

2022年6月22日

喜んでもらえました☆

写真

2022年5月28日

サンドイッチにしました(*^^*)

写真

2022年5月9日

美味しく焼けました(*^^*)

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね