自家製簡単赤ワイン

自家製簡単赤ワイン
赤ワインを自家醸造!
「自家醸造」でググっても、いっぱいレシピは出てきます。自家醸造ファンは多し!
買い物リストに追加
買い物リストに追加
買い物リストに追加

材料 (赤ワイン1本分)

グレープジュース「めいらく赤葡萄」
1Lパックを1本
(ウェルチのグレープジュースでも可)
酵母
2~3g
空きペットボトル
1本
砂糖(※醸造許可を持っている場合のみ)
100~120g

1

アルコール度数1%以上の無許可醸造は違法なので、くれぐれもご注意ください。

2

写真

材料用意。空きペットボトルに、ワイン用と同じコンコード種を使ったブドウジュース「めいらく赤葡萄」、そして酵母。

3

酵母は、製パン用のドライイーストでもいいですが、東急ハンズや通販でワイン酵母やシャンパン酵母が普通に購入できます。

4

製パン用のドライイーストだと、若干パンのような香りがしますが、練習用にはいいでしょう。

5

写真

今回は、東急ハンズで購入してきたシャンパン酵母の残りを使用。

6

写真

空きペットボトルにジュースを入れ、続いて酵母を投入。茶さじ1杯程度で十分です。

7

醸造許可を持っているなら、ここでお砂糖を100g~120gくらい入れます。
無許可の場合は砂糖を入れてはなりませんよ!

8

しつこく繰り返して言いますが、無許可の場合は砂糖を100g~120gとか入れたらダメです。違法です。法律違反です。

9

醸造許可無しでの砂糖追加はダメなのです。くどいようですがダメですよ。大事なことなので3回言いましたよ。

10

なぜ無許可で砂糖を入れてはいけないのか?それは、酵母が糖分を分解して、アルコールと炭酸ガスに換えてしまうからなのです。

11

つまり砂糖を追加してしまうと、アルコール度数が高くなってしまう!無許可で砂糖を追加してはいけない、大きな理由なのですね!

12

というわけで、無許可ではアルコール度数を上げるわけにはいかないので、砂糖はダメってことです。実に明快な理由ですね!

13

さて、気を取り直して作業を続行しますよ。

14

写真

ジュースと酵母を入れたら、ボトルの蓋は密閉せず緩めに締め、その上から4つ折りにしたティッシュをかぶせて輪ゴムで留めます。

15

これは、発酵中の炭酸ガスが抜けられるようにする必要があるためです。やらないと破裂することもあるので、ご注意ください。

16

写真

翌日~数日後にはペットボトルの中で発酵が始まって泡が出始め、耳を澄ますとシュワシュワ言い出します。

17

発酵が始まったら翌日には飲みきりましょう。
砂糖を入れない場合は度数が足りないので、スピリタスでも入れて調整しましょう。

18

醸造許可があるなら、砂糖を追加してなおかつ発酵が終わって泡が出なくなるまで待ちましょう。意外と立派なワインのできあがり。

19

泡が出なくなったら「澱引き」します。酵母が沈殿してるので、上澄みを別容器に移します。冷蔵庫に入れると早く沈殿しますよ。

20

発酵中は室温で放置。発酵時間は冬場は長く、夏場は短め。

21

写真

醸し上がったら、飲みまっしょい!
家庭内消費が原則です。他人に飲ませちゃダメですよ。確か違法になったと思います。

22

残った澱には、まだ酵母が生きています。ジュースと(許可があれば)砂糖を追加すれば、何度でも使い回せますよ。

コツ・ポイント

もちろん、我が家では砂糖を入れずに1%未満で醸造して、足りない度数はスピリタス系のリキュールで補っているに決まっているじゃないですか。そんなのはホームブリュワーの嗜みというものですよ。まかり間違っても砂糖を100~120gも追加しません。

このレシピの生い立ち

最近は大きな地震が多いですよね。
被災時にも備蓄食材で美味しく充実した食事を楽しむ「備災メシ」というレシピの監修をこちらのサイトで担当しています。
https://itoito.style/
ぜひお立ち寄りください。
レシピID : 962296 公開日 : 09/11/11 更新日 : 16/11/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

10 (9人)

16/06/23

写真

海外在住なので現地のジュースで砂糖入り。とても楽しみですね。

paobu

ありがとうございます!「育てる楽しみ」って感じですよね!

15/12/27

写真

本物過ぎ~♡澱に自家製酵母とジュース足してリピしてますよん♪

marubi92

ありがとうございます!度数1%未満だと雰囲気だけですけどね♪

15/01/22

写真

とっても美味しくできました!もちろん合法な感じですよ^^;

まーちゃんママさん

ありがとうございます!寒い時期は発酵も弱めなので安心ですね♪

14/12/26

写真

自家製酵母にてღ美味しくてハマってます‼︎炭酸買なくなりました笑

ポギ子

リピありがとうございます!くれぐれも度数はご調整ください(笑

ツンドラ 2010年01月10日 21:17
思わず笑ってしまいました。
大事なことは3回教えていただきましたよ。
スピリタス???ってなんのことでしょうか?
Isymsh 2010年01月10日 23:23
ツンドラさん、こんにちわ!
スピリタスとは、広義には蒸留酒全般のことです。ウォッカなんかですね。
狭義では、70回以上もの蒸留を繰り返すことで、96度という高アルコール度数に仕上げられた世界最高純度のスピリッツ(ポーランドを原産地とするウォッカ)のことだそうですよ。喫飲中は喫煙を含め火気厳禁だそうです(笑)
若い頃に飲みましたがストレートで飲むと、酒が喉や食道を焼くように胃に降りていく感覚が楽しめます(笑)
kumaneko7 2010年05月10日 22:10
かもし系に惹かれる通りすがりのものです。

↑ツンドラさんと同じく
ぶはっ と笑ってしまいました^^/

素敵なレシピですね!!
自分にはできるかどうか・・・^^;
でも、読み応えのあるレシピに感謝!
Isymsh 2010年05月10日 23:41
kumaneko7さん、コメントありがとうございます!

発酵って素晴らしい作用ですよね。
菌のおかげで美味しいモノが勝手に?出来上がるんですから。
レシピ自体は、よく読むとアホみたいに簡単ですので、ぜひ醸造許可とやら(笑)を取得して、砂糖を突っ込んで醸してみてください。

私は許可を持っていないので、砂糖を突っ込んで良い感じの度数が欲しいときは、すぐにアジアの某国あたりに飛んで醸すんですよ~(棒)。
Profile ぶんちゃんともふりん 2013年02月12日 11:27
へぇ、、めいらくのジュースでも出来るんですね。ワインの酵母を手に入れたばかりで、何で作ろうかと思案してました。砂糖を100g入れてはいけないところなど、とってもとっても参考になりました。ありがとうございました。
Isymsh 2013年02月12日 23:10
ぶんちゃんともふりんさん、コメントありがとうござます。
そうなんです、砂糖を100gとか入れて完全に発行させてしまうと、酒税法上で違法なレベルのアルコール度数になってしまいますので、必ず1%未満の度数になるように調整してくださいね。
素敵なホームブリュワー・ライフを。