お料理を楽しむにあたり、知っていただきたい食材・調理器具の注意点

料理をもっと楽しんでいただくために、クックパッドへのお問い合わせの中から、安全に関わるものやご質問の多い情報をまとめました。ぜひ、お料理をする前にご一読ください。

みなさまからいただいたご質問

ポテトボールフライを揚げたら破裂しました。どうしてですか?

じゃがいもをすり潰して丸めて揚げるポテトボールフライについて、油で揚げている最中に破裂したという報告が寄せられています。 レシピによって材料や作り方が異なり、また各ご家庭での調理環境も違うため、破裂する要因はさまざまです。

また、ポテトボールフライに限らず、コロッケやハッシュドポテト、イカフライ、ドーナツ、おからを使ったナゲットなど、他の揚げ物調理においても破裂することがあります。 揚げ物は、材料の種類や大きさ、料理の種類などによって、上手に揚げる方法が異なりますので、下記の点を参考に、よく確認した上で調理をしてください。

  • 材料の状態
    • 水分量、揚げる直前の温度 など
  • 揚げる時の状態
    • 油の温度、油の量、揚げる時間、一度に揚げる量 など

なお、不安な場合は、レシピのコメント欄から作者さんに質問をする方法もあります。

牛乳パックでケーキを焼いても大丈夫ですか?

メーカーに問い合わせたところ、「内側のコーティングのポリエチレンは規格が法律で定められており、食品容器としての安全性は確立されております。ただし、110℃から溶けはじめるため、無害ではありますが溶けたポリエチレンが食品に付着する可能性がありポリエチレンも一緒に口に入れてしまう可能性が充分に考えられます。」との回答をいただきました。 使用の際には、オーブンシートを敷くことをおすすめします。

また、紙コップや空き箱の使用や、ホチキスなどの金属製品で箱の接合部分を固定してレンジ加熱を行ったことによる発火の報告も入っております。

※ 電子レンジ等の調理器具を利用の際には、取扱説明書に従ってください。

トースターやフライパンでクッキングシート等を使用できますか?

トースターやフライパンでクッキングシートを使用した場合、シートが燃える可能性があるため、メーカーで注意喚起を行っております。また、紙製容器等についても同様の恐れがあります。メーカーサイトや商品に記載の注意喚起情報をご確認いただき、正しい使い方でご利用ください。

揚げ物をしていたら油に火がつきました。どうしてですか?

食用油は、加熱を続けて一定の温度に達すると火種がなくても自然に発火します。その温度は大体360~380度。ただし、何度か使った油の場合は200度程度でも発火してしまうこともあるようです。油を使用する際には、火元を離れずに十分注意して調理してください。

缶をそのまま温めたり、 冷凍したりしても良いですか?

未開封の缶を加熱すると、高温になり、破裂等の危険性があるため絶対におやめください。なお、開封していても缶ごと直火や電子レンジで加熱すると、缶の変形や破裂、電子レンジが故障するなどの危険があると、メーカーで注意喚起を行っております。また、未開封の缶を冷凍すると、内容物が膨張し、缶が破損する危険性がありますのでお控えください。

レシピに書かれている略称がなにをさしているのかわかりません

どうしてもわからない場合は、レシピのコメント欄から、作者さんに質問をする方法もあります。きっと丁寧にご案内くださると思います。

<質問の多い略称>
  • BP・・・Baking Powder ベーキングパウダー
  • HB・・・Home Bakery  ホームベーカリー
  • Hcm(hkm)・・・hot cake mix ホットケーキミックス 

レシピで使われている計量カップは何cc?

計量カップは国によって容量が異なります。

  • 日本・・・ 200cc
  • アメリカ・・・約240cc
  • カナダ・オーストラリア・・・約250cc

クックパッドには海外在住の利用者の方もたくさんいらっしゃいますので、もしレシピを見て不安に思ったらレシピの作者さんにコメント欄などで質問してみてください。

卵を加熱せず料理に使ったものは、いつまで食べられますか?

冷蔵庫で保管された賞味期限内の卵を使用しましょう。 また食中毒防止のため、非加熱の場合は、ひび割れのない新しい卵を使用し、卵を割ったら2時間以内に食べることをおすすめします。

東京都福祉保健局ホームページ:卵の衛生的な取扱い

加熱不十分の小麦粉は食べられますか?

小麦粉は本来、焼いたり茹でたり、加熱することを前提として製造されています。 小麦粉を主な原料とした生地を生のままや、加熱不十分な生焼けの状態で召し上がると消化不良や食中毒を起こす可能性がありますので、充分に加熱してから食べるようにしましょう。

製粉振興会ホームページ:小麦粉は加熱調理してから食べましょう!

お料理の安全性について

料理や食事に使用する材料や道具は、本来の用途以外で使用すると危険を伴う場合があります。取扱説明書などの指示に従い使用してください。また一般的に食用として製造・販売されていないものや、安全性が保証されていないものを材料として使用することはおすすめしておりません。どうしても使用される場合は、安全性や衛生面についてご自身で判断の上、使用してください。

なお、お料理に関して、何かわからないこと、不安に思うことがありましたら、クックパッドサポートにお問い合わせください。 また、行政などから公表される注意喚起情報も積極的にご利用ください。