りんごの保存方法

ビニール袋に入れて密封し、冷蔵庫の野菜室または冷暗所に保存します。りんごは熟成を促すエチレンを放出し、周りの果物や野菜を痛みやすくしてしまうため、他の果物・野菜と一緒に保存する場合はビニール袋で密封する必要があります。切ったりんごは断面が空気に触れないようにラップで包み、野菜室で保存します。

ジャムやコンポートにして冷凍保存することもできます。生のままでの冷凍は食感が失われてしまいますが、すりおろしたものであれば冷凍してカレーに加えたりシャーベットにするなど活用できます。

ビニール袋で密封して保存

8ce8d4c35a34bdb335b552b2e6a974af 他の果物や野菜とはわけて保存します

ラップして保存

使いかけのりんごは、断面が空気に触れないようにラップで包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。

0da2df52c3d513986c688bcf3b89cf7c

すりおろして冷凍保存

りんごをすりおろしたものを保存袋に入れ、できるだけ平たくして冷凍します。カレーに加えたり、半解凍したものをシャーベットのように食べることができます。

54efc0aa7ce3d291541ec4ae634c29f3 レモン汁を加えれば変色を防ぐことができます

参考: おいしい健康 「旬の『りんご』は使い方いろいろ」(https://oishi-kenko.com/articles/foodstuff_apple)