保存瓶などの煮沸消毒の仕方

ジャムの保存瓶などは、たっぷりの水に浸して沸騰させ、そのまま5〜10分わかしておくことで、殺菌消毒されます。

保存瓶などの煮沸消毒の仕方

用意するもの

大きめの鍋、トング、ペーパータオル、保存瓶(ふたは外す)

6039c322ca66f158f9d54fcee2fac9a2

①保存瓶・ふたを洗剤で洗っておく。

保存瓶・ふたはあらかじめ洗剤で洗い、清潔な状態にしておきます。

②鍋に保存瓶、保存瓶がかぶるくらいの水を入れ、強火で沸騰させる

ふたははずした状態で入れます。

Be0bdc71e291229f6820baca42c67fc3

保存瓶が割れることが心配な場合には、底にふきんを敷きます。プラスチックなどは、鍋底の温度で変形してしまうこともあるため、沸騰してから投入します。

③グラグラと沸いているくらいの火加減を5分ほど保つ

このとき、保存瓶とふたを取り出すトングも一緒に煮沸することができます。

D9cd8e68814abf23802fa91103a2ad41

④火を止め、瓶とふたをペーパータオルの上に取り出す

瓶は逆さにして置きます。

5835151a8347b26f8312194e79241bbb

⑤乾いたら、できるだけ早めに使用する

ジャムの保存の場合、ジャムも瓶も熱い状態のまま詰めた方が、カビの生えにくい状態を作ることができます。

鍋に入らない大きな瓶(梅酒作り用)などを消毒する場合

アルコール度数が35度以上の焼酎を瓶の中に少量入れ、ペーパータオルや清潔な布を使って、焼酎を塗り広げるようにすみずみまで拭きます。