包丁の正しい持ち方

包丁の刃を下向きにした状態で、柄の部分を手のひら全体でにぎります。親指と人差し指で、包丁の柄の付け根部分をしっかり挟み込むとぐらつきません。

手のひら全体でにぎる

0858f7df3140b7bb0801dd515db20800

親指と人差し指で柄の付け根をしっかり挟む

9230d6a5e1966d6b1bdf99e800e2fa54