魚のアラとは

魚を2枚、3枚おろしなどにした後に残る、頭、中骨、かま(頭の下のえらからひれにかけての部分)、尾などのこと。

骨付きで旨味が多いため、塩焼き、あら煮、かぶと煮のほか、出汁をとることで潮汁などに利用されます。

0ef51f146af17ddba7a75ed39ff344f9?p=1434953975