パスタをゆでる時の水と塩の量

パスタ100g(1人分)なら2リットルの水に塩大さじ1と1/3杯(20g)、200g(2人分)以上なら3リットルの水に塩大さじ2杯(30g)が目安です。塩は水に対して0.5〜1%の量を、お湯が沸騰してから加えます。パスタを400g以上ゆでる場合はパスタ100gにつき1リットルを目安に水を増やします。たっぷりのお湯を使うのは麺同士がくっつくのを防ぐためです。

塩を入れてパスタをゆでると、麺自体にまろやかな塩味がつくことで、ソースとのなじみがよくなります。塩を加えることでパスタの食感に影響が出るわけではないので、ソース自体が濃い塩味である場合や、減塩を心がけている場合などの時には、お湯に塩を加えないという選択肢もあります。

071a8d2f4587662fd7330f2e5511d37c?p=1489043631

参考:日本製粉株式会社「パスタのゆで方の基本」(http://www.nippn.co.jp/hiroba/pasta_meijin/basic/yude/)