純生クリームとホイップクリームの違い

純生クリームとホイップクリームでは、原料、ホイップの質や口当たり、価格が異なります。

「純生クリーム」は牛乳を分離して乳脂肪のみを原料としたものです。値段が高めで消費期限が短いですが、口溶けや口当たりが良く、風味がしっかり感じられます。

「ホイップクリーム」や「植物性クリーム」は乳脂肪に植物油脂や乳化剤、安定剤などの添加物を加えて動物性クリームに似せて作られたものです。味や香りは純生クリームに比べるとあっさりとして旨みには欠けますが、消費期限が長く安価で、植物性ならではの良さがあります。また、ホイップしてデコレーションケーキに使用する場合には、バサバサせずきれいな状態が長持ちする利点があります。

どちらもケーキのデコレーションや料理などに使用できますが、それぞれの特性があるので好みで使い分けます。

比較項目 純生クリーム ホイップクリーム
原料 乳脂肪 植物油脂
味・風味・香り 濃厚でコク・香りがある さっぱりとクセのない風味
消費期限 短い(10日程度) 長い(1ヶ月以上)
値段 高い(350円くらい) 安い(150円くらい)
ホイップしたときの質 若干黄味がかっていて、粘り気があり、ピンと角が立つ 白色でなめらか、やや角がねる

F7da6eba6cea66eb2123b16827fad6b2

参考:クックパッドニュース「『純生クリーム』『ホイップクリーム』『植物性クリーム』いろいろあるけど、どう使い分けるの?!」