グラニュー糖とは

クセのない淡白な甘さで、コーヒーや紅茶、お菓子、お料理と幅広く使われる砂糖。上白糖より結晶が大きくサラサラしています。

上白糖に比べて焦げにくい特性を持つため、焼き菓子づくりに多く使われます。またクセがないため、コーヒーや紅茶など、香りを生かしたい飲み物に使われます。

Dddecc22537e33f5ec51796bf9fff8cd?p=1441593993

砂糖の種類と使い分け

砂糖の名称 特徴 使用用途
上白糖 白く、きめが細かく、しっとりしている。くせがなく、水に溶けやすい 料理、お菓子づくり、飲み物など
グラニュー糖 結晶が上白糖より大きく、サラサラ。くせがなく淡白 お菓子づくり、コーヒー・紅茶など香りを大切にする飲み物、素材や風味を生かしたい料理
三温糖 褐色で特有の風味がある。甘さが強く感じられる。焦がして使う時に早く香ばしくなる 煮物・佃煮など強い甘さとコクを出したい料理
きび砂糖 さとうきびの風味とミネラルが活きている 煮物などの料理、お菓子づくり
黒糖 さとうきびの絞り汁をそのまま煮詰めたもの。独特の強い風味と甘さがある そのまま食べる、かりんとうやパウンドケーキなど独特の風味を生かしたいお菓子
ざらめ糖 結晶がグラニュー糖より大きく、光沢がある お菓子づくり(ゼリーなど)、果実酒づくり、漬物、煮物
氷砂糖 氷のような大きな結晶。純度が高く、溶けるのに時間がかかる 果実酒づくり
粉砂糖 グラニュー糖を粉砕して作る、粒子が細かい雪のような砂糖。溶けやすい ケーキやクッキーのデコレーション、果物にかける
フロストシュガー かたまりにくく、溶けやすい。ヨーグルトに添付されていることも 冷菓づくり、果物やヨーグルトにかける
和三盆 結晶が非常に小さく口どけがよい 和菓子づくり