ごぼうのささがきの仕方

縦に切り込みを入れたら、ごぼうを回しながら包丁の刃先で鉛筆を削るように薄くそぎ切りします。

①ごぼうの皮をこそげる

4c6ca5442de45f9d613fb1b3e1d76399?p=1440049240

②ごぼうが太い場合は縦に切り目を入れる

向きを変えて4箇所にやや深めの切り目を入れる

5ff916fdb34b5137f4d9bb3329fe05fc?p=1489389086 中心に達しない程度に切り目を入れる

とても太い場合には切り目を増やす

0f145296e0f51a0c36cc04fb752f7891?p=1489389094

③ごぼうを回しながら、鉛筆を削るように薄くけずり落とす

まな板の上で

ごぼうが安定してそぎやすいです。

5737cd9cc6ceff2fd1c9be87f1d65cf9?p=1440049256

水を張ったボールの上で

ささがきにしたごぼうは色が変わりやすいので、すぐに水につけたい場合には水を張ったボールに直接けずり落としていきます。

A41ea482b09e6d428b8235bf61262c8d?p=1440049263

ピーラーで

ピーラーがあれば、ピーラーを使ってささがきにすることができます。まな板の上にごぼうを横に置き、右から左に軽い力で削ります。

45be570c665b25def97b8256e35eca22?p=1489389102

ごぼうが短くなってきたら

まな板の上でささがきに近い薄切りにするのもよいですが、割り箸や菜箸をごぼうに刺して支えると、最後の方までささがきにすることができます。 6dcf5b3474b547485d8c532e163a41e0?p=1440049272