缶の加熱・冷凍に注意

缶詰や缶飲料は、適切な方法で加熱・冷凍しないと怪我をする恐れがあります。
また、使用した機器や道具が破損してしまう場合もあります。

加熱について

注意が必要な加熱方法とは?

  • 直火
  • 湯煎
  • 電子レンジ など

なぜ注意が必要なの?

直火、湯煎、電子レンジによる加熱は、破裂や怪我の恐れがあります。
また、電子レンジは、機械が破損する恐れもあります。

安全に加熱する方法は?

製品や加熱方法によって、加熱方法や注意点が異なります。
しっかり、使用される製品の注意事項を確認しましょう。

直火

  • 缶詰や缶飲料は、直火加熱しない。
  • 直火可能な容器へ移し変えてから加熱する。

湯煎

  • 湯せんが出来る製品か確認をする。
  • 湯せんが出来ない製品は、中身を別の容器に移し変えて加熱する。
  • 湯せんが出来る製品であっても、開封時に中身が吹き出す恐れがあるため、フキン等をあてるなど注意をする。

電子レンジ

  • 缶詰や缶飲料は、電子レンジ加熱しない。
  • 中身を別の容器に移し変えて加熱し、突沸に注意をする。
  • 加熱時にラップをかけた場合、ラップをとる際に中身がはねることもあるので注意する。

冷凍について

なぜ冷凍は注意が必要なの?

冷凍対応ではない缶製品の場合、中身が膨張したり、容器が変形、破損などする恐れがあります。また、味や品質などを損ねる場合もあります。

安全に冷凍する方法は?

  • 冷凍対応製品か確認をする。
  • 冷凍対応製品でない場合は、冷凍しない。
  • 冷凍対応製品の場合も、製品の注意事項をよく確認する。