料理の安全性について

料理や食事に使用する食材や道具は、本来の用途以外で使用すると危険を伴う場合があります。取扱説明書や商品パッケージに記載の指示に従い使用してください。

また、一般的に食用として製造・販売されていないものや、安全性が保証されていないものを使用することはおすすめしておりません。
どうしても使用される場合は、安全性や衛生面についてご自身で判断の上、使用してください。

料理の安全性などについて、わからないこと、不安に思うことがありましたら、クックパッドサポートにお問い合わせください。

道具の安全性について

調理家電や、調理器具は使用用途を誤ると危険を伴う可能性があります。
付属の取扱説明書の指示に従い、正しい方法で使用してください。

よくあるお問い合わせをご紹介

取扱説明書はきちんと保管し、ときどき読み返してみることも大切です。

食品の安全性について

一般的に食品の製造工程や加工基準等は、その特性や目的によって異なります。
誤った調理を行うと危険が伴うため、目的にあった食材を選び、それぞれに合った調理を行いましょう。

よくあるお問い合わせをご紹介

  • 「加熱用」とかいてある食材を加熱せずに食べてもよい?
  • 「開封後要冷蔵」と記載の食材を常温で置いておいても大丈夫?
  • 消費期限や賞味期限を過ぎた食材は食べられますか?

予防策

  • 加熱が必要な食品は生で食べないようにしましょう。 商品に「加熱用」等の記載されている場合は、記載のとおりに調理を行うことが大切です。
  • 食品を保存する際は商品パッケージ等に記載の保存方法を確認し、正しい方法で保存しましょう
  • 期限表示がされている食品は、期限内に消費しましょう
  • 賞味期限は、期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありませんが、食べられるかどうかは、見た目やにおいで判断しましょう
  • 消費期限は、期限を過ぎると安全性を欠く可能性が高いので、期限を過ぎたら破棄しましょう
  • 期限表示内や正しく保存をしていた場合でも、安全性、衛生面に不安がある場合は食べないようにしましょう

行政などの発信情報を利用しよう

行政などから発信される安全や衛生にまつわる情報を積極的に利用しましょう。

参考