まぁ! のキッチン レシピエール
映画と小説と料理が大好きな「モノ書き、たまに主婦」の気ままなキッチンです。外食の ...

舞台☆初挑戦

2011年8月22日 (月)
19271a3a7a2080ded16f4511dc63cafc
ここ数日、いきなり涼しくなったせいもあるけれど、今夏最大のイベントである舞台が終わって、すっかりと「夏は終わったな…」モードの私。

演劇の脚本を書かないか…とお話をいただいたのは、去年の冬。それから約8ヶ月間、ずっとそのことばかり考えていたので、終わった今はちょっと気が抜けてしまったかな。

その間、大震災があったこともあり、劇場離れが進んだことや、こんな未曾有の事態のときに、創作なんてしてていいのだろうか…とか、節電が叫ばれているのに、真夏の最中に電気をたくさん使う公演ってどうなの?なんて、様々な思いがあったけれど、劇場や劇団側が公演は予定通りにやります…と強い意志を見せてくれたので、私もそれに賛同しました。

東京から人がいなくなるお盆にかかる日程だったので、動員は本当に心配しましたが、連日、たくさんの方が足を運んでくださいました。

小学校を舞台にした物語で、シリアスなテーマを自分なりに覚悟を持って書いた作品だったので、私自身、観劇のたびに消耗してしまいました。
観た方の感想も「滅入っただけ」など否定的な声が聞かれ、「そうか、届かなかったか…」と落ち込む反面、深く何かを感じてくれた感想を寄せてくださる方が本当に多く、ありがたくも思いました。

写真はゲネプロ(お客さんを入れずに本番と同様に行うこと)で撮ったものです。
舞台って本当に総合芸術だと実感。
元は紙の上に羅列されただけの文字が、演出・照明・美術・音響・音楽・そして、キャストの熱演によって、目の前に表現されたとき、脚本家をやっててよかったなぁって、心から思います。

「どうして、ツイッターとかブログとかfacebookとかやらないんですか!今からでも始めて、公演の宣伝してくださいよ〜」と、さんざん関係者に言われるも、やらなかった私。
まさか、こんな場所で舞台のことを書いているなんて、みんな思ってないだろうな〜…笑
ここは、私の隠れ蓑でもあるのです^^

この舞台を通して、クックのお友達との貴重な出会いもありました☆
今回の劇場は、吉祥寺シアターだったのですが、ずうずうしくも吉祥寺に住んでいる*ともんちっちさん*に案内をしたんです。
しかも「今日から初日です」っていう何とも急なコメを残した私。
来てねっていうんじゃなく、吉祥寺に私もいるんだよ〜的な報告のつもりでコメしたんだけど。

さすが、世界中へひょいっと旅に出るともんちっちさんらしく、非常に軽いフットワークで、コメに気がついてから1時間後には、チケットをとってくれたんです!
劇場にいた私に、受付から「お知り合いの○○○○さんから、今日のチケット予約入りましたよ」と報告を受けるも、本名を知らない私は、まさかそれがともんちっちさんだとは気がつかず…「うーん、誰だろう?たぶん、知り合いの知り合いとかだと思う」なんて返していました。
そして、無事に初日の公演が終わったとき、なぜかふと「まさか、ともんちっちさん?」なんて思ったんです。
慌ててロビーへと降りていき、必死に探しましたよ。背の高い女性を。
日記によく書いてあった「背がとても高い」という何とも頼りない情報ひとつで、探し当てた私を誰か褒めて〜!笑…っていうのは、冗談ですが、本当にそれだけで見事に会えたときは、もう驚いてしまいました。

でも、ともんちっちさんは、モデルさんみたいにスラーっとしていてお洒落で、たくさんの人の中でも、とっても目を引く存在だったの^^
だから、見つけることができたんだと思う♪
日記でおなじみの旦那様まで一緒に来てくれていて、感動しました。
(とってもやさしそうで素敵な旦那様でした!)
来てくれて、本当にありがとう(*^-^*)

長くなってしまいましたが、個人的な日記におつきあいくださり、ありがとうございました☆

今日はこれから、楽しみにしていた映画『ツリー・オブ・ライフ』のレイトショーを観に行く予定です。
ワクワク♪ 観た方いるかな?^^

アーカイブ