南イングランドの小さな町に、イタリア人夫と娘と猫と暮らしています。海外在住の為、 ...

製本

2012年2月6日 (月)
51d290db44716b56d07677a78ba64a29
製本の教室で製本を終えた幾つかの本。
花ぎれもしっかり二色、三色と糸を使ってステッチし、表紙には先生のお友達の牧師さんが刷った紙を使わせて頂きました。

写真の一番上の小さめに綴じた本は母へのプレゼントでガーデニングダイアリー。
色鉛筆で庭の草花の絵が描けるよう、紙もパステル画用の紙を使いました。

表紙の紙は1874年4月22日の日付けの売買取引の法的な記録だった紙に単色刷りの版画でバラやアザミなど色々な花が刷ってあるという面白いもの。
今日、日本へ出張のために発った主人に持っていってもらいました。

幾つか白紙の本を綴じたので、今度は大聖堂の裏のチャリティ本屋で1ポンドで買った1909年出版の赤毛のアンを綴じなおしています。
次回の教室は3月。
どれだけ時間がかかるかわかりませんが、花ぎれや綺麗な表紙をつけて、いつか娘にプレゼントしようと思っています。

主人も日本、ドイツと3週間の出張に行ってしまい、またしばらく娘と猫と女所帯です。
夕べは、主人が発つ前にと娘からのリクエストでチーズフォンデュを作りました。
前日からハードクラストのパンも焼いておき、雪降る夜に家族で美味しい食事ができて皆大満足でした。
トマトチーズフォンデュは試す価値ありの美味しさです。


引用レシピ

チーズフォンデュ/トマトフォンデュ

by ブランディ
話題入り感謝! 仕上げにキルシュを入れ、ナツメグと胡椒で味を調えます。おもてなしカテ ...
材料: チーズミックス(グリュエール、エメンタール、ヴァシュラン・フリブールなど)、にんにく ...

アーカイブ