南イングランドの小さな町に、イタリア人夫と娘と猫と暮らしています。海外在住の為、 ...

復活?シチリア、そしてトマト

2013年6月18日 (火)
47f4bd6e4b339abcc06b4516eba5acd1
もう、このセリフを自分で書くのもウンザリなのですが、久しぶりの日記です。

日本から帰国後に家族に入院騒ぎなどがあり、やっと落ち着いたら娘の学校のハーフターム(学期中の中休み)で、主人の仕事もかねて9日ほど、シチリアに行ってきました。

友人家族と一緒に滞在したシチリア南端のポッツァロという海辺の静かなヴィラにパレルモから到着した翌日、昼食に家族で訪れた地元のシーフードレストランの前でシチリア産のトマトを箱で売る軽トラック発見。
主人にクレイジーなどと言われつつ調理用の大きなプラムトマトと生食用のトマトを各々巨大な箱で購入。
八百屋さんかレストランの仕入れか!という程大きな箱でした。でも、そのトマトのジューシィーで甘い事!桃みたいでした。

そして、ヴィラに帰ると、ビーチに行ったり昼寝をする娘と主人を他所に、大鍋でトマトソースを作り、縦半分に切ったトマトをありったけのお盆に並べて粗塩を振りサンドライドトマトを作りました。

ヴィラには屋内の小さなキッチンのほかに、テラスの屋根の下もうひとつの屋外キッチン、さらに庭に薪で火を焚くバーベキュー用のキッチン、そしてもう一つ離れに屋内キッチンと4つのキッチンがあり、その全てに調理台とシンクがあって、料理好きの二家族が腕を振るうに余りある設備でした。
寝室の数よりキッチンがあるなんて、さすがです。

庭で食事する事はあっても、外の台所で調理をするというのは初めての経験で、なんだかとても楽しかったです。
観光地や名所に行くより、美味しいレストランで食事するより、そして素晴らしい景色を見るより、私にとっては、娘や主人を近くに感じつつ、心地よい地中海の海風を受けながらトマトを調理していた時間がシチリアでの一番の至福の時だったかもしれません。

トマトソースは滞在中に自炊の時、色々な料理に使い、サンドライトマトは1週間以上、毎日、海風にあてて、持って帰って来てから瓶詰めにしてエクストラヴァージンオリーブオイルに漬けました。
イギリスでは絶対できないサンドライ。
食べる度にあのポッツァロの屋外キッチンでトマトをお料理した事を思い出しそう。

新たなトマト系創作料理のレシピは、いつアップできる事やら。

取り敢えず、少しの太陽しかなくてもできるwisteriakmさんのセミドライトマトのレシピ紹介させて頂きます。
そしていつもお世話になっているスタイリッシュママさんとブランディさんのレシピから!


引用レシピ

ミニトマトで保存のきくセミドライトマト

by wisteriakm
これから旬のミニトマト。パスタは勿論、サンドイッチにもピザトーストにも。生トマトより ...
材料: ミニトマト、塩、ガーリック、バジル、ローズマリーなどのハーブ、オリーブオイル、にんに ...

野菜スイーツ! トマトのクリームあんみつ

by スタイリッシュママ
プチトマトが爽やかな和風スイーツに変身! ワインシロップ漬けプチトマトのクリームあん ...
材料: プチトマト(湯むきする)、お好きなフルーツ(キウイなど)、砂糖、白ワイン、水、井村屋 ...

アンチョビ・ローズマリー・トマト

by ブランディ
ローズマリーにトマトを刺してオーブンで焼くだけ。にんにくとアンチョビを一緒に焼くと風 ...
材料: ローズマリー、プチトマト、にんにく、アンチョビ、胡椒、オリーブオイル、アンチョビが苦 ...

アーカイブ