✫暮らした国(エジプト・韓国)や旅した国で出会った料理を作ったり✫家族のアルバム ...

燻製三昧な夜ごはん。

2013年11月26日 (火)
4929b58bb2ef2f04756f18be33a7f443
夜遅く仕事を終えて帰宅した娘。
深夜までなにやらキッチンでごそごそ音がするなぁ~
と思いながらも、眠くてzzz~...
翌朝。
「スモークの達人に極意を教わってきたわ。スモークチップまだあったよね?これおもしろいよ~」
と本をくれました。
冷蔵庫を開けると、仕込みの終わった食材がびっしり。

「で、極意とは?」
「水分をいかに抜くか、です。食材の表面に水分が残っていると、燻煙に含まれる酢酸を吸着するために、酸味が強くなるのです。前回は水分拭かなかったし、燻煙の前に風で乾かさなかったしね」というわけで。
あらら~洗面所はドアが閉められ、扇風機がかかって乾燥室になっている。
孫娘たちのお絵かき机の上には燻煙待ちの食材の面々。

長女家族もよんで、長女夫クン(婿殿)の誕生パーティーを、じゃぁ今日にしよう♪というわけで謹製三昧なBDP。
長女宅の夕飯予定のチーズフォンデュも加わることに。
私は、サラダとワカモーレ&タコス、チビーズ用のおにぎりと野菜のポタージュだけ作ればいいから、楽なもんです。うん、こりゃ楽だわ。


ぞくぞくと仕上がるスモーキーな面々。
ミックスナッツです。
食塩・油不使用タイプを使ったので、スモークしたあとで、クレソルをふりました。

いいんじゃな~い?



あらまっ焼売も?

チルドのミニ焼売が、おいしく変身しています。
皮のところが、かりっスモ~キ~でよいよい。

豆苗の二番発芽の柔らか細い芽のざく切りをしいて。

プロセスチーズ、はんぺん、うずら卵、ベビー帆立の酒蒸しにカマンベールチーズにお豆腐。
ベランダの鉢植えの葉蘭を採ってきて敷くと、なんか美味しそうに見える。
こんなにあったらもうチーズフォンデュはいらんでしょ。
と思ったけれど、若いもんは「いやいやあったほうがいい」というので、ミニトマト、じゃが芋、さつま芋、マッシュルームを用意。


はいっ
最初はビール。えびすビール。

「お誕生日おめでと~ぉ♪」
「泡が消えちゃったじゃ~ん。早く写真撮ってよ~」
と燻煙三昧ディナー、スタートです。




わぁ~おいしそう~♪

スモーク・チキン登場。
シンプルにクレソルで。
しっとりおいしい焼き具合。
みんな笑顔。

「うう~ん、、、もう少ししっかり味付けしたほうがよかったわ」
と次回への課題をチェックする娘。


いよいよ!

きゃ~~っ ステキ♪
と上がる歓声。

ヒーローは君だ♪
チャーシュー。
このこんがり黄金に輝く焼き色。


「いやぁ~最高だよ。オレほんとに嬉しいよ。ありがとうごいざいます」と長女夫クンの満足顔。

長女夫クンは褒め上手。
それでみんなにまた笑顔がひろがる。

ひとを笑顔にするコトバ。
あっ お酒も。
ハイボールです。


急遽決まった燻製三昧なBDP☆
一戸建てじゃないし、ベランダでの火器使用も禁止だから、キッチンで古い中華鍋と蓋ともち網で作った、スモーキーな面々。

今回のチップはりんご。
次回はいろいろなチップを購入するそうです。


「スモーク醤油っておいしいのよね。それの卵かけごはんってほんとに美味しいのよ」と長女。

「あっじゃぁ作ろうか。今から」と、ささっと燻煙する娘。

「ちょっとまだ燻煙足りないかな?」と、もう一度燻煙して出来たスモーク醤油です。


葉っぱとゆでたじゃが芋・さつま芋・マッシュルームにかけてみました。
わさびも添えて。

これ、いいわ。
(一日経つとさらにスモーキーになっていた。酸味もちょっと加わっていたけれど、とても美味)


「じゃあ、お塩も燻煙してほしいな」と注文する私です。
ハワイ・コナ・シーソルトで。

出来てすぐは、もうすっかり燻煙に麻痺してしまったみんなは、
「??でもおいしい」といった反応。

翌朝。
これってりっぱなスモークソルトですね。

「これ、手土産になるわ」と改めて燻製の魔力に深くとらわれていった娘でした。
これからのスモーク醤油の課題は、、、ネットで検索していた娘。
「バブル製法かぁ、、、こりゃうちじゃできないな。うん?鰹削り節をスモークしてから醤油に浸けこむ!これだわ!」
「じゃぁ~昆布もすればいいんじゃない?でもお刺身にはもっとシンプルなほうがいいな。お酒と味醂と醤油で、今回のやり方でいいんだけど」
と、なんか、私にも燻製の魔の手が、、、伸びてきているぞ~

☟燻製に興味がわいたら、こちらを。燻製記
http://kunsei.livedoor.biz/
大人気ブログですよね。



アーカイブ