父が育てた野菜を使ったヘルシーでシンプルな料理が中心です。2011.10誕生の長 ...

2歳児の自立!

2014年4月24日 (木)
29c600c0a604ec39696d4382da611e97?u=671779&p=1398326023
ご無沙汰しています。

4月から、おちょぼは集団(小規模な幼稚園のようなところ)に通い始めました。
ちょっと変わっている所で、プレではなく、2歳児から正式入園です。

イヤイヤ期の真っ最中、トイレトレーニングの真っ最中、ママと一緒がいいよ~・・・という状態で、集団への参加もどうかと思いましたが、通い始めて今日で3日目。
送って行く時には「ママ、行ってくるね~♪」とあっさりと入室し、迎えに行くと「ママ~迎えに来たの?」と笑顔です。全く泣くこともなく楽しく通っていて、はっきり言って拍子抜けしました(汗)

この園を選んだ理由が、子供の自主性を伸ばして、自立を促すという教育方針。
普通は、先生主導で、時間ごとにカリキュラムが組まれていると思いますが、この園では、自分が好きなことを自分で選んでとことん出来るのです。そして、排泄の自立はもちろん、衣服の着脱や、食事の配膳なども子供が自分で出来るような援助がされます。
一学年10数名の少人数制で、年中、年長さんと合同の異年齢クラス編成。一人っ子のおちょぼは、人間関係の経験も豊富に出来るでしょう。先生方もとっても良く子供を見てくれます。
園バス無し、制服無し、給食無し、延長保育無し・・・で、親としてはかなり面倒くさい!!!ですが、それでも、ここに子供を通わせたい!!と思える魅力ある園です。
これからの4年間が楽しみです。

写真①
まず始めの面倒くさい・・は、指定の持ち物が何もないので、手さげかばん、肩掛けかばん、着替え袋、お弁当袋、ランチョンマット・・などなど、全部手作りしました。高校の家庭科以来、ミシンを使ったことのない私。それでも、人間やらねばならない時にはやるもので、最後には裁縫が楽しくなっていました。
写真②
自分のモチベーションを上げるために、おちょぼではなく、自分の好みの布を選びました。リバティのキティちゃんプリント。すっごくかわいいです♬♪♫
かばんのアクセントに、キティちゃん風ふっくらリボンをつけました。
身長85㎝のおちょぼは、この二つを引きずりそうになりながらも、自分で持って行きます。

写真③
おちょぼのお弁当作り。
トシチンの地味弁は毎日作っているので、お弁当作り自体は苦ではないのですが、やっぱり子供となると話は別です。
一人で食べられるだろうか?冷めている物を食べるだろうか?・・・お弁当はGW開けからなのですが、今から心配してしまいます。
お弁当箱も、自分で開け閉めを出来るようにという園の方針で、昔ながらの金属製のパカッと蓋を開けるタイプのお弁当箱です。食べること自体に集中するようにということで、キャラ弁は禁止なので、トシチン同様地味弁になりそうです。

4月になったら、おちょぼがいない間クックが出来るわ~♬♪♫と期待していましたが、しばらくは、保護者会、係の顔合わせ、その他諸々の行事があり、思い描いていたような自由時間は、今のところ全くない状態です。
まだまだ、のろのろクックが続き、せっかくいただいた、つくれぽの掲載なども少しずつになりそうです。
こんなまったりクックですが、これからもよろしくお願いします。

アーカイブ