多様な気候と広大な農地を誇るアメリカは、安全でヘルシーでサステイナブル(持続可能 ...

ブルーベリーの保存方法

2015年6月19日 (金)
B7fdeea3dde44ef6e3e55b49f9e37cd1
ブルーベリーはアメリカのオレゴンやカリフォルニアから多く輸入されています。鮮度のよいブルーベリーが手に入りますから、もちろんフレッシュな粒をそのまま食べるのが最高ですが、食べ切れなくて冷蔵庫でしわしわになっちゃうのもモンダイ。そこで今回は、カリフォルニア・ブルーベリー協会のまとめた良質な保存法をひとつ。

購入したブルーベリーをクッキングシートの上に並べ、冷凍庫に入れること。凍結前に「水で洗わない」ことがコツとなります。こうして凍結させたあと、密封できるビニール袋か冷凍コンテナに移して冷凍保存しましょう。使いたいポーションだけを冷凍庫から取り出して、水洗いしながら解凍するのも大切なポイントです。数回の冷凍・解凍を繰り返すと、粒の大きさは失われてしまうので、「ちょっとずつ出す」ことを心掛けましょう。

マフィンにたっぷり入れて焼いたり、フレッシュのままヨーグルトやシリアルと一緒に朝食にしたり、冷凍したものを同じく冷凍したバナナやストロベリー、牛乳と一緒にミキサーにかけてスムージーにしたり。。。いろんな楽しみかたのできる栄養満天フルーツですね。

もっとアメリカのブルーベリー情報を知りたい方はこちら→http://www.myfood.jp/special/event1506_02.html

アーカイブ