ビールとソーセージだけじゃないドイツ!知っていますか?このページを通じてまだまだ ...

クリスマスマーケット*やみつきの味

2015年12月10日 (木)
0333af4687752e5e6c77ea91ca94e699
この時期のドイツと言えば、クリスマスマーケット。ドイツ語ではWeihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト)と言います。

ドイツでは11月の最終週あたりから、全国各地でクリスマスマーケットが開かれます。街もクリスマスの装飾で彩られ、いつもより華やかな雰囲気になります。クリスマスマーケットでは、ツリーのオーナメントや、クリスマスクッキー用の型、様々なキャンドルとキャンドルホルダー、手袋、マフラー、アクセサリー、プレゼント用のラッピンググッズ、その他たくさんのクリスマスに向けたグッズが売られています。もちろんグルメも充実していて、色々な種類のソーセージや、肉料理、マッシュルームやジャガイモ料理、焼き栗、レープクーヘンやシュトレン、クリスマスクッキー各種、フルーツ、チョコレート、などなど、連日行っても飽きません。

ちなみに「クリスマス」マーケットと言っても、ほとんどのマーケットは12月24日の午前中や早い時間帯に終了。クリスマス当日の12月25日と26日は祝日なので、マーケットで働いていた人たちも家族とゆっくり過ごすことができます。

そんなクリスマスマーケットに欠かせないのがGlühwein(グリューヴァイン)というホットワイン。様々なスパイスやフルーツを使ったほんのり甘いグリューヴァインを飲むと、ほっと暖まり、寒さを忘れる事が出来ます。お店ごとに味が少しずつ違うので、お気に入りを見つけるのも楽しさの1つ。

ちなみにドイツはリサイクルが進んでいて、クリスマスマーケットでも多くの食器類にはデポジットがかかっています。グリューヴァインのマグカップも、返却するとデポジットのお金が返ってくる仕組みですが、毎年デザインが変わる(同じ所もあります)オリジナルのものも多いので、マグカップをお土産としてそのまま持ち帰る人も多くいます。

そしてもう1つクリスマスマーケットでオススメの食べ物が Gebrannte Mandeln (ローストアーモンド)!キャラメリゼしたローストアーモンドに、シナモンやカカオ、バニラなどの味がついていて、甘くて香ばしくて美味しいんです!カロリーが高い…とわかっていても、まさにやめられない止まらない味。出来たてを売ってくれるお店も多くあるので、是非一度食べてみてください。

今年もクリスマスまであと2週間ほど。是非一度、クリスマスのドイツを訪れてみて下さい。

カテゴリ

アーカイブ