“食の宝庫”と言われてきた東北は、東日本大震災を乗り越えて、少しずつ歩みを進めて ...

粘り強〜い!秋田の「山の芋」の魅力。

2015年12月26日 (土)
4a5802cc79832a0bb78be9094d1847ec
鍋物のおいしい季節にぴったり♪
おもてなし鍋レシピとして「山の芋鍋」を先日ご紹介しました^^
( 「山の芋鍋」紹介記事は以下をご覧下さい♪)
http://cookpad.com/recipe/3566935

さて、山の芋とは、秋田県では田沢湖、大館、鷹巣で栽培されていますが、実は関西地方で出回る品種で捏芋(つくねいも)の一種。

ゴツゴツしたげんこつの形をしており、一般的に販売されている「長芋」より粘りけがとても強いのが特徴。
※だから鍋にしても崩れにくいんですね!
           
この粘りは「ムチン」と呼ばれる成分。
ムチンは、胃壁の粘膜を保護し、タンパク質の消化・吸収を効率よくしてくれます。
そのため、胃が弱い方でも安心して食べられますし、タンパク質が効率よく体内に取り入れる事が出来るため疲労回復・滋養強壮によいとされています。

是非、この冬、お手に取ってみたらいかがでしょうか? 

協力:秋田県農林水産部農業経済課

アーカイブ