*8歳息子(小学校3年生)&5歳娘(幼稚園年長)のママです♪夫の3年3ヶ月に及ぶ ...

ムスコ記*6歳7~8ヶ月(入学)

2016年4月14日 (木)
9b9fc621f2933ed6b081a5ac6586e9a1
2016.04.08 息子入学式。
卒園式の時の『桜の花びらふるころはランドセルの一年生』の歌がそのまま似合う、まさしくそんな日。

幼稚園での仲良しさんとは学校が離れ、息子の小学校には同じ幼稚園から9人入学(1年生全体で70人強のうち)。言葉には出さずとも不安な気持ちがあったのか、3クラス中、せめて同じクラスだったSくん、Sちゃんと一緒だったらいいな、とぽつんと言っていたのだけど、残念ながらその2人は揃って隣のクラス。ただ救いは同じ幼稚園から4人が一緒のクラスになったこと。小さなことだけど、今の息子には大きな問題。

式典は短い時間で終わり、緊張の面持ちで今度はクラスへ。担任の先生が話している間、息子はフンフン~♪とずっと鼻歌。私と夫で『静かにしろ~・・・』という念を送るも伝わらず。しかもそのあと『ずっと歌ってるのうるさいから静かにしなよ』と言うと『歌ってねーし』と自覚症状なし。さっそく不安^^;

帰りは空っぽのランドセルの中に教科書だけ入れて帰宅。思っていたよりランドセルが大きく感じないものだなぁ、大きくなったんだなぁと実感。

土日開けて月曜日から、登校班での登校。息子の班は4~6年生で構成されていて、息子のみ1年生。だいぶ大きなお兄さん・お姉さんに囲まれ、挨拶をしろと言えど名前を名乗れと言えど、もじもじと無言でうつむく。今まで近所でどのくらい小学生がいるのかも知らず、交流もなかったので仕方ないかな。
もともと新しい環境にすぐ馴染めないタイプの子(しかも幼稚園から小学校低学年まで集団生活に全く馴染まなかった私、の子)だから無理もない。ぐずぐず言わずに一応出発しただけでも褒めてあげなくては。サッサと1列に並んで足早に学校へ向かう上級生に遅れまじと一生懸命歩いて行った後姿を見てとりあえずホッ。
帰りは帰りで、しばらくは1年生だけで下校班を組んで付き添いの先生や見守りの大人の人たちと決まったコースをやってくるので、それのお迎えに。この下校班のおかげで近所の1年生(と、そのお母さん)と知り合え、こんな近くに同級生がいたのかぁとビックリ。今週はまだ半日で帰ってくるので、私もなんとなく落ち着かず・・・
先に娘の幼稚園で1日保育が始まって、娘の帰りの方が遅いので、娘がいなくて息子と私だけ、という我が家にとって初めての構成(笑)息子の半日が終わっても、基本的に息子の方が帰りが早いから、ずっとこんな感じなのかな。

母もこれから小学校や地区でいろいろ新しい環境に飛び込んでいくんだよ。一緒に頑張ろう♪

アーカイブ