超ウルトラスペシャルスーパー面倒くさがり屋なので、手抜きの簡単料理ばかりです。み ...

焼き芋の皮

2017年2月4日 (土)
216c1b00ebbf4dfee464cbe43997aaf6
2017年2月4日

先週出かけた際に道の駅で売ってた焼き芋。糖度が高くて焼くとしっとり美味しい紅はるかだったので、お腹が空いてたわけじゃないのについつい購入。売り主のオジサンは「アツアツもいいけど冷やして食べるのも旨いから、わざと翌日食べる人もいるよ」なんて言うけれど、やっぱりこの時期、アツアツの焼き芋をフーフーしながら食べたいじゃないの。でもオジサンの意見も尊重するため、とりあえず一口食べて残りは翌日食べようということに。運転手の主人も「一口ちょうだい」と言うので、「皮をむかないといけないから止まってから」と言ったら、「いいよ。俺は皮ごと食べる派だから」と。
焼き芋を皮ごと食べるという発想が全く無かったので、私はビックリ!確かに普段のサツマイモ料理では、皮ごと使うことが多いけど、焼き芋に至っては単純に「皮を剥いて食べるもの」というイメージがあったので無意識に剥いて食べていました。多分、比較的ペロンと簡単に皮がはがれるからそのまま剥いて食べていたけど、これが結構身もくっついてはがれにくい場合、そのまま食べていたのかなぁ、と過去を振り返ってみる。
ネットで検索してみると、焼き芋の皮を食べる食べないはそれなりに好みが分かれるみたいですね。でも皮にもビタミン・アントシアニン・クロロゲン酸など栄養素が豊富!できるだけゴミとなる部分を少なくして、食べれる部分は食べようという思いから、家で焼いた紅はるかを皮ごと食べてみました。個人的意見ではさほど大きな差は感じず違和感はなかったので、今後は皮ごと食べるのも良いかなぁ・・と思いつつ、なんとなくクセでつい剥いてしまいそうになったりして、どっちなんだ~と面倒くさくなってしまいました(笑)
まぁ、そのときの気分で適当に皮を食べたり食べなかったりで、やっていこうと思います(^^)/

アーカイブ