ビールとソーセージだけじゃないドイツ!知っていますか?このページを通じてまだまだ ...

ドイツの美味しいもの:クヴァーク

2017年2月20日 (月)
B7f38d5e89ecda17014955d12b4883c3
フラムクーヘンのレシピを紹介してくれるleckermaul(http://leckermaul.jp) のドイツ在住スタッフYukiさんから、ドイツの美味しいクヴァークについてレポートが届きました。
*****************************
皆さんはドイツのケーゼクーヘン(Käsekuchen)、すなわちチーズケーキをご存知ですか?

チーズケーキというと、レアチーズケーキやベイクドチーズケーキ、ニューヨークチーズケーキ...などなどクリームチーズやリコッタチーズをベースに使ったものが思い浮かびますが、ドイツではクリームチーズの代わりにクヴァーク(Quark)を使うのが一般的です。
爽やかなクリームチーズのケーキの比べると、濃厚でクリーミーな味わいなんです。
ドイツ旅行中にカフェでチーズケーキを頼んだら、想像してたものとちょっと違った!なんて経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クヴァークは温めたサワーミルクを濾して作られるドイツならではの乳製品です。
見た目は一見、サワークリームみたいなんですが、味は酸味のないヨーグルトとクリームチーズの合いの子の様な、なめらかなカッテージチーズの様な味わいです。
バイエルンやオーストリアではクヴァークではなく、トプフェン(Topfen)と呼ぶのだとか。(※ドイツでは地方によって物の名称が異なることが多々あります。)

ドイツでは朝食のパンに塗ったり、ミューズリにかけたり、お菓子作りに使ったり、ベイクドポテトに添えたり、ソースにしたりと使用頻度の高い食品です。

我が家の朝ごはんの定番はクヴァークにオリーブオイルを少々滴らし、塩とチャイブなどのハーブで味付けしたもの。クヴァーク自体はマイルドなので酸味の強い黒パンにもよく合います。

お菓子は前述のチーズケーキの他に、クヴァークタッシェ(Quarktasche、クヴァークを使ったパイ)やクヴァークべルヘェン(Quarkbällchen)と呼ばれるサーターアンダギーのような揚げ菓子がよくパン屋にも並んでいます。いずれもクヴァークの濃厚な美味しさについつい食べ過ぎてしまいます...。

日本ではなかなかお目にかかることは出来ませんが、ドイツでクヴァークを目にした際には是非チャレンジしてみて下さい。

カテゴリ

アーカイブ