武蔵野市の公式キッチンです。武蔵野市のこだわり給食のレシピや離乳食講座レシピ、市 ...

消費生活講座【「もしも」に備える食】

2017年9月28日 (木)
Db0ba80ef94b5f8b81d740b16e2c0d96
消費生活センターでは、年に10回ほど消費生活講座を開催しています。
9月7日に開催した講座は、「もしもに備える食~ローリングストックとポリ袋クッキング~」と題して、今泉マユ子先生(管理栄養士・日本災害食学会災害食専門員)にお話ししていただきました。
災害食とは?何を備えたらいいの?など、先生自身が東日本大震災のときに感じたこと、実際の被災地の「温かいもの、野菜・果物、甘いものが食べたい」という声なども交えてのお話しがあり、実際にポリ袋や電気ポットを使って温かい料理の実演も行っていただきました。
また、アルファ化米を野菜ジュースで戻したご飯と水を使わないで調理した「ツナと切り干し大根のマヨ和え」を受講生の皆さんで試食しました。
普段の食べ物を多めに備えて、食べて、買い足すというローリングストックという考え方、備蓄の食材選びのポイントだけでなく、実際に「備える」意味を具体的に教えていただきました。
もしも本当に「もしも」の事態が起きたとき、冷たい食事、野菜不足、子どもや高齢者の食事、と「我が家の備蓄で大丈夫かしら?」と考えるきっかけにしていただけたのではないかと思います。

アーカイブ