毎年フランスかアメリカどちらかに行って製菓用器具・材料を調達すること、ネットで海 ...

NY Gourmet Exploration⑦TVドラマでお馴染みの場所

2005年3月16日 (水)
アメリカのsitcomが大好きな私。最近のは残念ながらチェックしていないけれど、以前はLA駐在の(会社の)後輩に頼んで、録画して送ってもらっていた。NYを舞台にしたもので必ず録ってもらっていたのが『Friends』『Seinfeld』。『Sex And The City』もまだ日本で放送される以前に第1シリーズを観てハマった。
前回のNY訪問時(約2年前)にも『Magnolia Bakery』には行ったのだが、その近所に『Friends』のマンション(レイチェルやモニカが住む)があることを雑誌で知り、甘い物探索のついでに行ってみた。ドラマで見るような賑やかなところではなく、本当に閑静な住宅街。当然カフェ"Central Perk"もなかった(笑)。
そしてもう一つ、『Seinfeld』に登場するダイナーに行ったことは以前触れた。モデルとなったのは『TOM'S RESTAURANT』というところなのだが、"TOM'S"を映さずに"RESTAURANT"だけが映っている。私も今回、同じようにカメラに収めた。場所は、コロンビア大学の近くで綺麗な大通り。これもドラマのような小汚い雑然とした雰囲気とは180度違ってビックリした。
~という風に、東京では決してやらないようなミーハーなことも、異国で旅行者であれば出来る!現在、多くのオバサマ達が韓国ドラマのロケ地となったところへ行く気持ちも、わからなくはない。これが東京だったら、「あ、あそこね」とか、「こないだ撮影やってて、女優の○○さんがいた…」ぐらいの話で済むし、ウチの実家の最寄駅は特にそういうことが好きらしいので、大した話題にもならない。
が、先日来日したアメリカ人の料理の先生が、「東京に来たら絶対に行ってみたい!」と、映画『Lost In Translation』の舞台となった新宿の某ホテルに行き、中に出てくるレストランで食事をして興奮した…という話を聞いて、「アメリカ人も同じか…」と思った。

アーカイブ