中学の頃から、お菓子にはまり、クッキーにはじまり、ドーナツ・スポンジケーキ・シュ ...

この春は、和菓子作りにはまっていた私。

2008年5月28日 (水)
 5月18日に種まきをした「ヒノヒカリ」の芽が出そろろい、今日夫が苗にかけていたビニールのトンネル状の覆いを外した。緑の芝生状態です。
 折しも梅雨を思わせる雨が降って来ました。
 今年は、6月15日が田植え日の予定です。
 そういえば、5月18日の種まきの日にも、朝から「くずもち」を作っておやつに出してみんなに食べてもらったっけ。

 この春は、「柏餅」、「いちご大福」、「くず桜」、「上用まんじゅう」と和菓子をよく作ったな。
 特に「いちご大福」は息子に「もう飽きたから作らなくていい」と言われるほど
作ったな。
でも、毎年季節には作る「桜もち」や「おはぎ」を今年は作らずに夏が来ようとしています。
 大福やくずもちの手軽さを知ってしまうと蒸し器だの炊飯器だのを使うお菓子は手間と感じてしまうのかな。もち米も冷蔵庫に待機はしてるんだけど。
 最近どこの店にも、道明寺粉というものを見かけたことがない。あれさえあれば、桜もちも超簡単なんだけどな。
 昔、母が冬のおもちがある季節に、おもちをレンジで『チン』をしてすばやくのばして中にあんこを包んであっという間に「あんもち」を作ってくれたのが、大福とは違った本物のおもちでおいしかったな。今度冬が来たらまねして作ってみようかな。冬なんてえらい先の話。

コメント

アーカイブ