[自己紹介]オーストラリア在住。メンバーさんのレシピのおかげで美味しい新発見の毎 ...

アーカイブ

オーストラリアの年末年始

2010年12月27日 (月)
オーストラリアの年末年始は真夏。…といっても今年は冷夏で雨が良く降りあまり夏らしくありません。

キリスト教の国であるオーストラリアの年末年始のメイン・イベントはやはりクリスマス。12月25日は家族で過ごす日なのでイブには実家に戻る人達のちょっとした帰省ラッシュがあります。クリスマス当日は大手スーパーも閉まっておりいつもは賑やかなシティもとても静かです。

翌日の12月26日はボクシングデイ( ...
続きを読む

そとれぽ(13): とうもろこし

2010年12月26日 (日)
とうもろこしは茹でるよりも蒸したほうが甘くて美味しいと聞き、さっそく試してみました。ひげを取り皮を一巻きほど残して蒸すこと10分。出来上がったとうもろこしは何もつけなくても素材の甘みだけで十分美味しかったです。

残りは粒をばらして冷凍することに。はずし方は「えいよう塾」さんのレシピを参考にさせていただきました(リンク下記)。とうもろこしを3~4センチごとに切ってから縦に2等分。そうすると粒をは ...
続きを読む

Merry X'mas!!!

2010年12月23日 (木)
クリスマスイブは世界中のチビちゃん達がサンタさんの持ってきてくれるプレゼントは何かとワクワクしているのでしょうね。

それでは、素敵なクリスマスをお過ごしください!!

そとれぽ(12):夏場のパン作り

2010年12月21日 (火)
南半球に位置するオーストラリアの12月は夏です。今年は異常気象で今のところ雨の多い冷夏ですが、それでも冬に比べれば室温も上がっています。過発酵のためにパン作りの失敗が続いてしまいました。 そこで夏場のパン作り対策をGoogleで検索。今度こそ失敗しないぞと意気込むもやはり所詮はパン作り初心者です。いろんなトラブルが待っていました。 覚書も兼ねて私の試行錯誤をブログに記録しておくことにします。パン作 ...
続きを読む

お母さん、ありがとう

2010年12月20日 (月)
実家の母が日本の美味しいコーヒーやお茶を送ってくれました。

お母さん、いつもありがとう。

そとれぽ(11):我が家のお好み焼き

2010年12月18日 (土)
我が家のお好み焼きはいたってシンプル。小麦粉に卵とお水、そして少しお出汁を入れて生地を作り、そこに千切りキャベツを入れて混ぜるだけ。ホットプレートに薄切り肉をひき、そこに生地をかけて焼きます。(今はホットプレートがないのでフライパンで焼いていますが…。) 計量なしで適当に作っても失敗がないので重宝します。沢山作ってあまったものは冷凍。

xxxキャベツの千切りが苦手なのですが、千切りのコツを ...
続きを読む

そとれぽ(10):蜂蜜とぬかの保湿パック

2010年12月17日 (金)
またまた手作りコスメです。パック中はぬかの香りなのであまりアロマではないですが、毛穴のお掃除と肌の保湿をしっかりやってくれました。その後ローズマリーの化粧水でローションパック。自宅でのプチ・エステに大満足、今日はぐっすり眠れそうです。

[参考レシピ]:
http://blog.goo.ne.jp/honeykingdom/e/38e34c9c61b5f332722aefabd03a0825

真夏のメリークリスマス

2010年12月14日 (火)
なかなかバスが来なくて不貞腐れて待っていたところに登場したのがクリスマスの飾りつけでいっぱいのバス。乗車するとサンタの格好をした運転手が、「Welcome to Christmas bus!!」と乗客を歓迎してくれました。車内にはクリスマスソングが流れ、普段は荷物置き場のスペースもサンタやトナカイなどの縫いぐるみやツリーなどでいっぱいでした(写真)。さっきまでのご機嫌ななめは何処へやら、思いがけず ...
続きを読む

そとれぽ(9):ローズマリーの化粧水

2010年12月13日 (月)
食べ物ではないですが…。 人生初の手作りコスメです。参考にさせていただいたレシピの材料にさらに蜂蜜も加えてみました。

ローズマリーには毛穴やお肌を引締める効果があるとか。さっそく冷蔵庫で冷やしてからローションパックをしてみました。お肌が生き返ったようで気持ち良かったです。



[参考レシピ]:
ローズマリーの化粧水の作り方:
http://rosemary-herb.blogspot. ...
続きを読む

そとれぽ(8):失敗マカロン

2010年12月12日 (日)
マカロンが膨らまず綺麗な洋風せんべいになりました。生地の時点で失敗するのがわかり、やる気をなくしてフィリングはなし。それでも「シュワシュワで美味しい」と食べてくれた私の知人・友人の皆さん、ありがとう。今度こそは成功マカロンを…。