海の幸・山の幸に恵まれた環境、即ちド田舎に住んでます。

アーカイブ

『100万人が選んだ大絶賛おかず』 

2007年5月21日 (月)
cookのレシピ本「大絶賛おかず」にエビ料理のレシピが掲載されました♪

「みんなのレシピ野菜の巻」に続き、二度目になります。

前回同様、友人や知り合いやピアノの生徒さん達が本を買ってくれました。
中には、すぐに携帯へつくれぽを送ってくる人も(^-^)

cookの長老?として、出来るだけ長く居させてもらいたいモンです、ハイ。

んにゃろ~~

2007年5月13日 (日)
かつて・・・

娘が年頃になる頃には、かわいい実が成り、
枝に手を伸ばしては口に運ぶ 。。
そんな思いで植えたサクランボの木。

予想より早い年月で小さな実を付け始め、
それから年々枝も広がり、実も大きくなり、
味もそこそこになって来た。

肝心の娘は、学校帰りに一粒口に運んで、
「うぇっ 酸っぱい! ペッ・・・」
以来、ほとんど見向きもしなくなったのだが、 ...
続きを読む

小豆島への旅

2005年7月13日 (水)
子供は独り立ちし、親も元気で、自分の仕事もある。
すなわち、自由に使えるお小遣いもあり、家を空けられる時間も作れ、留守を守る人も居てくれる。

そんな時期が私にもやって来たようで、
先日小学校時代の友達10人と、小豆島へ行って来た。

宿は、幸運にも「真里」が取れた。
新鮮な海と山の食材を使ったなかなかの夕食もさることながら、
昔懐かしい建物に光と陰と庭の緑を、うまく調和させた美し ...
続きを読む

調理実習 

2004年5月17日 (月)
このところ調理実習が出来ないモノかと、チャンスを狙っていた我が亭主殿。

そんな中、今日は丁度良いタイミングで時間が空いた。
早速4時頃から1時間少々、調理にトライ。

メニューは、「スズキのムニエル」「胡瓜と納豆の梅干し合え」「キャベツのスープ」「筍と豚肉とザーサイの炒め物」の4品。

材料の下ごしらえから調理まで、ほとんど彼一人で作ったが、最も難航したのは包丁さばきだ。

ス ...
続きを読む

目覚め?

2004年4月16日 (金)
いつ何時一人になるかもしれないのが人生。
よって、男だって料理の基本くらいは心得ておかねばならない。

・・・と数年来、聞かされてきたウチの主人。
今までは聞き流していたが、何故か今年は「本当にそうだ!」と目覚めてしまったらしい。

それ以来、ワタシがお料理しているのを見て、いろいろ質問してくる。
料理の作り方を聞くのはもちろん、
たくさんの調味料やお出汁の種類と使い分け、材料の切 ...
続きを読む

内容濃いレシピ本 ありがとう♪

2003年12月9日 (火)
今朝、家の前で野菜売りのおばちゃんのリヤカーに積まれた採れたてゴボウを吟味していたら、宅急便のトラックが止まった。我が家への荷物だ。
「サインでいいなら・・」とその場で受け取った荷物は、cookpadのレシピ本「みんなのレシピ」だった。

おぉ! 明日の発売日に届くと思っていたのに、一日前に配達とは、気がきくねぇ~

早速、自分のレシピ掲載ページを探し出し、野菜売りのおばちゃんにご披露す ...
続きを読む

なんとか・・・

2003年9月12日 (金)
あの おいしいおいしい白茄子を自家栽培し、飽きるほど食べたいもんだと、
今年の春、よもさん(正しくは奥様)から、白茄子の種を送っていただいた。

ところが、期待に反して長雨に冷夏・・・
8月末でやっと小さな蕾が付き、ようやく開花!
・・・と、喜ぶのもつかの間、その花はいつの間にか茎から落ちて無くなり、茎に残るは跡形だけ。

うぎゃ~~(>_<)
せっかく・・・、せっかく食べられるの ...
続きを読む

宝石!?!

2003年4月14日 (月)
箱を開けた途端、思わず口元がニマニマ。

コレが昨今噂の、アンデスの厳しい自然環境を人工的に再現して栽培したと言う、原種に近い「ファースト」か。

さっそく、昼食に1コ切ってみる。
ななんと、結構硬い。でも、ただ硬いのではなく、まるで食べ頃の柿みたい。

食べてみると、まぁ~ 味が濃いっ!甘いっ!
それに、歯ごたえが程良く硬く、且つ 柔らかく、すご~く おいしいトマトだ。
普段は ...
続きを読む

生きる目的

2002年12月31日 (火)
「人生は苦なり」。
この言葉を今まで何度聞いた事か・・
しかし、今年はその言葉を実感する出来事があった。
長い人生からみれば、まだまだ序の口かもしれないけれど・・・。

どんな人にも、「苦」はかならずやって来るものだが、その「苦」に振り回されっぱなしの私。悲しいかな・・・

その「苦」をいかに転換させられるか・・。
それが人生の課題かも?


あぁ、またお料理を作って元気を出 ...
続きを読む

癒されてます

2002年11月3日 (日)
このところ 私のホッとする時間は、香りで満たされている。

自由な時間は自分の部屋にいるが、このところ寒くなってきたら、甘い香りが心地良く、バニラやミルクなどのキャンドルに火を付ける。

考えてみれば、フレーバードティーなんかも冬の暖かい部屋にはキャラメルやチョコの甘い香りが似合いそうな感じ。
寒い日の甘い香りは、身体を支配していた硬い緊張のようなものが、ホッとゆるむような・・・
そん ...
続きを読む
1 2 3 4 5