✫暮らした国(エジプト・韓国)や旅した国で出会った料理を作ったり✫家族のアルバム ...

アーカイブ

「ミ・ト・ン」と朝ごはん

2019年4月20日 (土)
『ミ・ト・ン』を読みたいと思ったのは、あるレシピを見たからだ。
それまで私は「小川糸」という名前と『食堂かたつむり』という小説のタイトルと、それが映画化されたことぐらいは、一応知ってはいた。
物語に出てくる料理が、どれもとてもおいしそうに描写されているらしい。
へぇー、そうなんだ。
では短編集でも読んでみるかと『あつあつを召し上がれ』を借りた。

料理名がタイトルの、まあ、ありきたりの想定内の筋書 ...
続きを読む

「文学メシ!」Ⅰ✧ My note

2019年2月5日 (火)
「作家が愛したカステラバターサンド」
『作家の食卓~食いしん坊作家たちのアラカルト事典』~より

大好きな作家かと今、訊かれたら、どう答えるだろうか。
「高校生のころ、何冊か夢中で読んだ。好きな作家だったのでしょうね」。

『豊饒の海』4部作の第1部『春の雪』
これにはかなり深く入り込んだ。今でいう韓ドラにぞっこんの、あの感じ。実際テレビドラマにもなり、毎回食い入るように画面を凝視し、完全に登場人 ...
続きを読む

寒露にはイクラ醤油漬けた~っぷりイクラ丼

2015年10月13日 (火)
寒露にはイクラの醤油漬けを作って
た~~~っぷり温かごはんにのせた
イクラ丼がメインの献立にしようと
思いながらも
さて、じゃあ副菜は何にしようかと考えながらなんか決まらんなと、ああだこうだで何日も経ってしまった、、、

そんな週末。帰ってきた娘が筋子を買って、こまめにほぐして
イクラの醤油漬けを作ってくれた。

「なんでみんな筋子でイクラ醤油漬け作らないのかなぁ。ぜったい経済的なのにね」とか言い ...
続きを読む

昨日の秋分の日には落花生おこわを炊いた。

2015年9月24日 (木)
二十四節気 第16 秋分

陰陽の中分となれば也(暦便覧)

太陽が真東から昇って真西に沈み、
昼と夜の長さがほぼ同じとなるころ

うろこ雲
彼岸花
秋景色


秋が深まるころ
生落花生がスーパーに並び始める。
今年もあんこちゃんの落花生おこわ炊かなきゃ、秋分の日に作ろうと決めて
今年もおおまさりで大粒落花生おこわを炊いた。

肴は少しでいいでしょと、冷凍していたマリネさんまを焼いて、身をはずして ...
続きを読む

一雨ごとに深まる秋 白露の献立

2015年9月20日 (日)
一雨ごとに秋、深まる。

コスモスが
近くに咲いていないだろうかと
そぞろ歩いてみたけれど
見つけられなかった。

自転車で15分走れば咲いているところまで行けるのだけどね。
唐辛子を見つけた。これって
秋を見つけたといえる?

九月の最初の金曜日
北海道に住む友だちからさんまが届いた。きゃっ嬉しいと飛び上がった。
氷水の中を泳いでいるみたいなウツクシイさんまで、こんなに新鮮なさんまって、初めてか ...
続きを読む

処暑 夏野菜を愛おしみ秋刀魚を味わう献立

2015年9月7日 (月)
温かいカフェオレを飲みながら
振り返ってみると
いつまで続く暑さなのだろうかと
うんざりしそうだった夏は
長かったのかどうか、、、

長かったことは確かなのだけれど
一気に秋となり
通り過ぎた季節のことは
もう過ぎ去った思い出となり
光陰矢のごとし。

季節は一気に加速をつけて
進んでいく。


千日紅が見事です。

千日ものあいだ
紅の色が変わらないのだろうか?

まるで草の上に千日紅を織り込ん ...
続きを読む

立秋 朝夕は秋の気配?な頃の献立

2015年8月21日 (金)
暦の上では立秋
暦の上ではね、と思わず言いたくなるまだまだ暑い八月中旬。

陽が少し傾き始めたころ、満開の紅、桃、紫色のサルスベリ通りを散策して
「ほら、この夏も紅い色に染まってるよ。きっとサルは滑らないで登っちゃうよね、触ってみる?」と、つるつるの幹を孫娘たちに触らせてみる。
そんな八月の情景。

ここんとこ、あまりに暑くて
ぱぱっとできる時短料理ばっかり
それも和ばっかなこの頃。

今日は作り ...
続きを読む

大暑 今年も鰻重食べられる幸せ噛みしめる

2015年7月24日 (金)
二十四節気 第12 大暑

暑気いたり
つまりたるゆえんなれば也(暦便覧)

最も厳しい暑さの頃となりました。

酔芙蓉が花盛りです。
照りつける夏の日差しは
真夏のぎらぎらのそれです。


一足早く
土用の丑の日の前日に
鰻重の晩ごはん。
お酒いただくオトウチャンの肴を簡単に
ちゃちゃっと用意。
なんちゅうことないポテサラと
モロッコ隠元のきんぴら。
お洒落なTOMOちゃんのアスパラ肉巻きも作り ...
続きを読む

小暑 

2015年7月20日 (月)
二十四節気 第11 小暑

2015年は7月7日から22日までです。
大暑来れる前なればなり (暦便覧)

梅雨明けが近づき
暑さが本格的になる頃

というか、、、梅雨明けました、、、
小暑と大暑のこの1ヶ月間が暑中。
暑中見舞いを送るのもこのころ。

梅雨も明けた海の日の献立。
産卵前で脂がのった鰯のお刺身を合わせたかったけれど、市場が休みで鰯がなかったので、鯵のお刺身。
あとはぽっぽちゃんの脱 ...
続きを読む

夏至 昼間がもっとも長い日に蛸・鯖を食す

2015年6月23日 (火)
二十四節気 第10 夏至

陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也(暦便覧)

太陽高度が最も高くなり、一年の中で昼間の最も長い日だった今日。
梅雨空で一日中薄曇りで、なんかそんな実感がいまひとつなかったけれど。

日の出4時25分頃 日没18時59分頃


昼ご飯にするつもりが晩ご飯になってしまった夏至の献立。

関西では夏至には蛸を食べるそうなので、だったらこれでしょ。
oyukiちゃん ...
続きを読む