一人暮らししつつも料理にお菓子もきちんと作れるようになりたいと思います。 調理師 ...

アーカイブ

一年に一度作るお楽しみ

2015年10月26日 (月)
モンブランロールです。

生地は別立て。卵黄と卵白を個別に混ぜて焼成したのでとてもふわふわ。

自家製マロングラッセ乗せました。

生地がデリケート故に芯を作る際にひび割れたのが残念です。

力抜いてスッと巻いてくと言うのを元に来年は審美性とおいしさがアップしたのを作ります。

フランスの銘菓の一つ。

2015年10月21日 (水)
タルトタタンです。

タタン姉妹というドジっ子姉妹の「ケガの功名」と言える一品。

使ったリンゴは勿論紅玉。身が締まって適度な酸味が製菓に向いてます。ふじとかは避けましょう。汁だらけになるし甘ったるい。

タルト台はホットケーキミックスで作りクッキーみたいな食感。そこが本家本元のようでおいしい。みずみずしさと程よい甘さに煮込んだ紅玉とおいしいハーモニーを奏でます。

切り分けると

2015年10月21日 (水)
こんな感じです。オレンジというよりは黄色ですね。

ハロウィン近いので。

2015年10月21日 (水)
かぼちゃプリンケーキ作りました。
完全に熟したかぼちゃじゃないのでちょっと薄い色です。
味もあっさり目ですがやはり一晩冷蔵庫で寝かせると甘みが増します。

おいしいブランチに。

2015年10月21日 (水)
ライスバーガーです。

レタス、トマトにチーズ挟んであります。

バンズもいいけど日本オリジナルのこれは一度お家で作ると忘れられないおいしい一品です。

完食しました。

2015年10月18日 (日)
肉野菜炒め定食です。

ご近所のお祭りでたらふく屋台のおいしい物を食べたらバランス良い夕飯は健康の秘訣。

お財布と体に優しい。

2015年10月18日 (日)
豆乳パンナコッタです。

90年代初期に流行ったこのスイーツ。パンナはイタリア語で生クリーム、コッタは煮るという意味。リコッタチーズは二回煮込んだという意味ですね。

タイトル通りに感じたのは高いし体に悪いからというありのままの話。

トッピングは栗の渋皮煮と甘露煮、粒あんといかにも和のテイスト。

食欲の秋だね。

2015年10月17日 (土)
グラタンとバターライスです。

前者の具はエビ、鶏もも肉、エリンギ、マッシュルーム、マカロニ、栗の甘露煮。そのボリュームにマカロニ100gは多すぎたかな・・。50gでもよいくらい。

タウリンを含むエビとコラーゲンたっぷりな鶏肉の相性は抜群。キノコ類にはミネラルと食物繊維があるのできちんと食べます。
栗は行きつけの八百屋さんでは終わりました。まぁ・・今年も頑張って9月から10月頭まで渋皮煮と甘露煮 ...
続きを読む

ブランチに頂きます。

2015年10月14日 (水)
ナポリタンです。

日本オリジナルパスタです。

二人前を作り温玉乗せて頂きました。

マッシュルームじゃなくエリンギ入れてもおいしいです。

旬の果物は美味しいなあ。

2015年10月14日 (水)
ラフランスのタルトです。レシピでは生クリーム使いますがコストと健康面の事もあり牛乳で作りました。
三十路になってからかなり経つとそういう所も考えます・・。

タルト生地はバターに卵は使ってないです。

シャキッとした梨と甘さ控えめのフィリングがマッチします。
1 2 3 4 5