北京在住。食の国籍不明大好き♪辛いモノなしでは生きていけない。誰か、北京でベトナ ...

アーカイブ

厚み自由自在

2010年10月8日 (金)
食パン@北京
何がビックリってこのバラバラの厚さが……。
「今日はちょっと厚めのでカリっとトースト」、「今日は薄いコレとコレの2枚でサンドイッチ」と、その日の気分に合わせて厚さを選べるすぐれもの。
日本ではありえないですよね^^;♪

それにしても、どうやったらこんな風にスライスできるのだろう。ある意味高度なテクニック。さすが中国。いや~、……謎だ。

エチオピア料理@北京

2009年1月31日 (土)
春節快楽!

 …と言いながらも、去年行ったアフリカ料理屋さんの話を今頃アップ。
最近の北京は本当に何でもある!と思ってたら、なんとエチオピアン・レストランなるものが出現したと聞き、友人と二人でランチ(78元)に行ってきました。
この下敷きになってる白いものがインジェラという名前の発酵パンケーキ。フワフワしっとりで、ほんのり酸っぱく、あとを引く味。手でこれをちぎっておかずを掴んでほお ...
続きを読む

これ、使えますよ!

2008年10月25日 (土)
 北京ライフ。なんか最近、スーパーに並んでいる全てのモノに、有害物質が入っていそうな気がしてきた。
 でも別の見方をすれば、世の中100%白(安全)な食べ物なんてあるの? 
 ズバリ健康被害につながる危険な食べ物の被害者にはなりたくないけど、微量なら大丈夫でしょ。
 だって、メラミン入りの伊利牛乳、今も平気で飲んでるし、街の屋台の怪しい麻辣湯(火鍋風おやつ軽食)も普通に食べてるし、それ ...
続きを読む

羊ミルク!

2007年11月19日 (月)
カテゴリは「おいしいもの」だけど、実は…。
スーパーの棚に、見たことのないメーカーの牛乳が並んでいるのを発見。よく見たら「純羊乳」と書いてある。
羊肉も、山羊乳の臭いチーズも大好きなので値段を聞くと、左のが6元。右の「高タンパク質バージョン(店員さん談)」が9元とのこと。
うげ、なんでそんなに高いのよ? 

「山羊乳は人乳と成分が近いから、アレルギーとも無縁で、消化吸収されやすく ...
続きを読む

100g/580円のさやえんどう!

2007年11月3日 (土)
10月の一時帰国で一番驚いたこと。

『100g/580円のさやえんどう』って一体…。
さやえんどう界に何が起こったのか?

40g280円とかの小さいパックになって棚に並んでたけど、何年か前のネギ1本200円よりビックリしたかも。
10月某日@東京のサミットストア。

鴨モモ肉にご用心!

2007年11月1日 (木)
スーパーで「鴨モモ肉」なるものを発見。いざ鴨モモ肉に初挑戦♪
ところが…。
知らないってのは、ホント怖いですねぇ。「鴨肉=鶏肉より味が深くて美味い」というだけの軽い認識で、普通にソテーしてマーマレードソースでもかけて食べようとしたら、肉質のなんと硬いこと! 羨ましいくらいに脂肪がなく、筋肉質。ピチピチのパッツンパッツン、ぜんぜんプヨプヨしていない(そこか?)
玉ねぎを炒めトマトをぶち込 ...
続きを読む

龍譚公園灯会!

2007年10月3日 (水)
ちょっと季節がずれましたが、先日、北京の龍譚公園での灯会へ出かけてきました。
灯会って何? それはランタンフェスティバル。中華風ルミナリエ! 歩いてみて廻るエレクトリカルパレード! 
中国の伝説からテーマをとったものや、オリンピックやそのマスコットをモチーフにしたオブジェ、小吃の屋台、射的や輪投げ系のお楽しみ小屋、皮影劇という中国風影絵も出て、子供連れや若者、近所のおじいちゃん、おばあちゃんも ...
続きを読む

「可果美・果蔬生活100」

2007年9月25日 (火)
おや。こんなところで、可果美(KAGOME)の野菜ジュースに出会おうとは!
こんなところというのは、北京の朝陽区の華堂(ホアタンと読みます)、すなわちイトーヨーカドー。食生活が乱れてる時には、野菜ジュースは強い見方♪ それにしても、「7種の野菜+4種の果物 1,24リットル」で約20元(3百円)。ってことは日本よりビミョーに高くない? こっちの物価感覚で行ったら、とんでもなく高級な飲み物だ。う ...
続きを読む

ランチ@北京大学の学食

2007年9月4日 (火)
友人と一緒にランチ。北京大学の学食で水餃子(羊肉&豚肉)と涼拌(野菜の中華風サラダ)三種。これがめちゃくちゃ美味しい。
「ダンボール入り?」と口の悪い日本人がツッコミを入れてきそうだけど、中国の食べ物の全てが有毒であるわけないでしょッ! 
中国にだって普通に安全な食べ物だって普通にたくさんあるのだよん♪ 
ごちそうさまでした~!


アイスキャンディー@北京

2007年9月4日 (火)
バカ高い輸入アイスや、外資系のアイスクリームよりも、5毛(0,5元)の『老北京氷棍』という安っちぃアイスキャンディが大好き!
ほんのり薄いミルクカルピス味?とでもいいましょうか。とにかく甘さが控えめでどこかに乳酸菌がかくれんぼしてるみたいな味。
夏の外出先で、ちょっと喉が渇くとアイス屋さんを探して氷棍を買って食べる。あまり甘くないので喉もスッキリ汗もひく。
ところがある日の氷棍、なんと棒の切 ...
続きを読む