南イングランドの小さな町に、イタリア人夫と娘と猫と暮らしています。海外在住の為、 ...

アーカイブ

ミ・ト・ン 文学飯同好会活動

2019年5月20日 (月)
4月の日本への里帰りの折、持ち帰った本「ミ・ト・ン」。

まあささんや銀ママさんの文学メシレシピを眺めながら、ずっと読みたいと思っていました。
ちょっと仕事に目処がついてきたので、思い切って読み始めたらあっという間に読んでしまいました。

読み終わった後、スーッと涙が流れました。
人の幸福とは何だろう。
胸が苦しくなるほどの幸せと悲しみ、全てひっくるめて人生。
そして主人公マリカの人生の何と色彩豊 ...
続きを読む

2019年5月12日 (日)
風邪の後のしつこい咳。
お庭のハーブガーデンから、あれこれ摘んでお茶にして飲んでいます。
気管支にはタイムが良いらしいです。

週末は、土曜の朝、娘ちゃんが自転車でフランス語のレッスンに行っている間に少し仕事をし、お昼ご飯を食べた後、娘ちゃんは宿題、私は夫が出張から帰宅する前の買い出しで、歩いて大きなスーパーまで買い物に行き、帰りはタクシー。

おやつにオーガニックの苺をたっぷり食べて、その後二人 ...
続きを読む

菜園と唐辛子醤油麹

2019年3月19日 (火)
家庭菜園で今年初めてしたことは、雑草取りと、去年抜いたものの代わりに、ブラックカランツ(黒すぐり)を3本とレッドカランツ(赤すぐり)を1本植えたこと。
その後は、ずっと雨や嵐が続いていたので、次に、少ない手入れで元気に育ってくれそうなものを、現在、思案中。
やっぱり、果実やハーブが良く使って手入れもわかりやすくて良いようです。去年植えたパセリは今もモリモリ元気で食卓に彩りを添えてくれます。
...
続きを読む

鬼怒鳴門(きーん どなるど)

2019年2月19日 (火)
私には、お会いしたこともないのに、いつまでもお元気でいてほしいと願う方々がいるのですが、現在96歳の日本文学者ドナルド・キーン氏もその方々のお一人です。
三島由紀夫を始め、太宰治や川端康成など数多くの純文学の英訳を手掛けてきた方で、東北の大震災の後、多くの外国の方々が日本から去る中、周囲の反対を押し切って日本に帰化されている方なのです。

そんなドナルド・キーン氏の人生を題材にしたドキュメンタリー ...
続きを読む

文学メシ便り 其の壱

2019年2月19日 (火)
富士山といえば、皆様それぞれ脳裏に思い浮かべるものが、お有りかと。



私が、まず思い浮かべますのは、葛飾北斎、北斎と言えば、もちろん『富嶽三十六景』、画狂老人の描いた『赤富士』や『神奈川沖浪裏』の大きな波の向こうに見える富士。

また、文学作品では太宰治の『富嶽百景』が、パッと脳裏に浮かびます。

太宰治が恩人井伏鱒二を訪ねる天下茶屋の描写。豪放磊落な井伏翁が富士山を見ながら放屁する場面でクス ...
続きを読む

シナモンロールと美味しい飲み物

2019年2月1日 (金)
娘ちゃんは学校の人文学の授業の旅行でアムステルダムに、2泊の予定で旅立って行きました。
アンネ・フランクの家とホロコーストの史跡を訪ねるそうです。

行く前に、アンネの伝記しか読んで居なかった娘ちゃんが、アンネの日記を読んで居たのですが、所々で大爆笑。
私も大昔読んだけれど、そんな記憶はないのですよね。
娘ちゃん、曰くユーモアとウィットにあふれた、すごく面白い文章なのだと。だから、終戦まで隠れきる ...
続きを読む

cp文学飯同好会発足

2019年1月26日 (土)
この度、私ラマンマディラーラが発起人となりまして、cp文学飯同好会を発足する運びとなりました。

きっかけは、gingamomさんの
【寺のじさまの大根味噌汁~扇に千本、賽ノ目】という、森敦の小説「月山」に出てくる、寺のじさまの味噌汁をレシピ化した、日本の食文化の基となるような、美しいレシピが登場したことによります。

どなたにでも、きっと、本を読んでいて、「これを食べてみたい!」「こんな料理を作 ...
続きを読む

出張シーズン到来、ブログを始めて1年

2019年1月22日 (火)
娘ちゃんのテスト週間が終わったところで、今度は夫の長期出張が始まりました。

日本ーマレーシアー台湾ー日本ー1泊だけ帰宅してアメリカー日本ーヨーロッパのどこか、もう覚えきれない!
1ヶ月半以上、ほとんど会わないのですが、寂しいかと尋ねられれば、そんなには、寂しくはないという答え。

もちろん、居ないと大変なことも沢山ありますし、長く移動の多い出張はやはり心配で、無事に帰って来れば嬉しいのですが。
...
続きを読む

ファミリー!BY渡辺多恵子

2019年1月10日 (木)
ミカズキさんのピーナッツジェリーサンドを作って、ちょうど娘ちゃんと同い年ぐらいの頃に読んだ「ファミリー!」と言う渡辺多恵子さんの漫画を思い出しました。

ストーリーの舞台はアメリカ。
アンダーソン家に身寄りのないジョナサンと言う少年と犬のアダムがやって来て起こるファミリーコメディ/ヒューマンドラマ。

アメリカに留学経験がある作者だからこその生活描写は、当時、流行った映画のグーニーズやETの中の子 ...
続きを読む

あけまして☆お片付け、一人晩酌

2019年1月5日 (土)
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

イギリスは夜中の2時半過ぎ。
年始最後のお客様を迎えて、やっと御節を食べました。
そして、どんなに遅くても、気持ち悪くて片付けないと気が済まない。
でも、この一人の時間、嫌いではないのです。
ぜんぶ拭き終わったら、お猪口で一杯。
楽しみにしていた、日本酒。
良い酔いお味です。
1 2 3 4 5