Ff18dd3b88c17d2c1ee3cc1e3c97d6cb

ホットケーキを作ってみよう! 〜vol.5〜

今回は朝食やおやつの定番、ホットケーキがテーマ。ふわふわの生地は大人も子どもも大好きですよね。大人も上手に焼けるコツをチェックしながら、挑戦してみてください。

いつも大人が作るホットケーキ。最初から最後まで子ども一人で作ってみてはどうでしょうか?もちろん火を使うところは特に気をつけて(大人がそばについていてあげましょう)。いつも食べているメニューを一人で作れたら、大きな自信になること間違いなしです。そして、じつはホットケーキのふわふわの生地は、化学反応を利用したものなのです。

所要時間:30分 予算の目安:100円 レベル:☆☆☆
※火を使用します。包丁、電子レンジは使用しません

ホットケーキのレシピ

材料(作りやすい分量)

ホットケーキミックス・・・150g
卵(Mサイズ)・・・1個
牛乳・・・100ml
*鉄製のフライパンの場合はサラダ油が必要

道具

ボウル、 泡立て器、 フライパン、 さいばし、 ぬらしたふきん、 おたま、 フライ返し

作り方

 ボウルに卵を割り、泡立て器でかき混ぜます。牛乳を加え、さらにかき混ぜます。

 1にホットケーキミックスを加え、まわりについた粉も混ぜ込むように、20回くらいざっくりまぜます。
【注意】
・とろろくらいのやわらかさにします。固く感じたら牛乳を加えて調整して。
・まぜすぎるとふんわりしなくなるので注意!

 フライパンを中火であたため、さいばしの先に水をつけ、フライパンに水滴をつけジューっというまで熱する。
*鉄製のフライパンを使うときはサラダ油をうすくしきます。

 一度フライパンを火から外し、濡れふきんの上に置いて、冷まします。

 火を弱火にし、フライパンをおきます。ホットケーキのたねをおたま一杯分すくいとり、高いところから落とすようにいれます。
☆ここでのポイント!☆
・高いところから1点におちるようにすると、きれいな円になります。

 3分くらいして、ふつふつ泡がでてきたら、フライ返しで一気にひっくり返します。

 さらに2分程焼き、きれいな焼き色がついたら完成!

もう一度中火で熱し直し、3~7を繰り返して、残りのたねを焼きましょう。

ホットケーキがふくらむわけ

ホットケーキがふんわり焼けていく様子はわくわくしますよね。このふくらむのは、ホットケーキミックスにあるものが入っているからです。あるものが何かわかりますか?
答えはベーキングパウダー。ベーキングパウダーの主成分は、重曹、つまり炭酸水素ナトリウムです。炭酸水素ナトリウムを加熱すると化学反応が起き、二酸化炭素(炭酸ガス)と炭酸ナトリウムと水ができます。この炭酸ガスの泡によってホットケーキができるのです。(ちなみに、これは中学で習う内容になります)

ホットケーキをさらにアレンジしてみよう☆

ホットケーキができたら、vol.1で紹介したバターをのせるとさらに盛り上がりますよ♪ また、次のようなアレンジも楽しんでみてはいかがでしょうか。

フルーツとキャラメルソースでおしゃれに。

カフェ風ホットケーキアレンジ術♡キウイ編 by na♡tsu
休日の遅朝♡はクリームチーズとフルーツたっぷりのホットケーキでブランチに♪



かわいい&かんたんデコ☆

ホットケーキサンド☆ by ザッキーー☆
簡単!抜き型を使ってデコサンド☆



プラスハムで朝食にも!



ホットケーキが作れるようになると、自分で朝食が用意できるようになります。火の扱いには十分に気をつけながら、この夏はホットケーキマスター目指して頑張ってもらいましょう。


調理を始める前に、親子で必ずチェックしましょう!

1)身だしなみを整えよう!
□エプロンをして、手を洗ったかな?
□上着のそではまくっているかな?
□髪が長い場合は結んでいるかな?バンダナを巻くのもおすすめ
□調理台やテーブルの高さはちょうどいいかな?(合わないときは踏み台を)

2)料理の前に必ず準備を
□使う道具を全部だそう
□材料は用意できたかな?分量も先にはかっておこう!

3)火、包丁、電子レンジをつかうときは、大人もいっしょに
料理はおもわぬケガ、事故につながることがあります。大人といっしょにくれぐれも注意して行いましょう

4)片づけまでしっかりと!
□使った道具や食器は片づけよう
□キッチンのまわりやテーブルの上もきれいにふいて、きちんと片づけたかな?
□ごみも分別してきちんと捨てたかな?


動画出演:パックン 動画制作:モバーシャル ヘアメイク:河岡芳枝 レシピ開発:クックパッド編集部 TEXT:松崎祐子 
撮影協力:ダイソー(商品:ボウル、泡立て器、さいばし、ふきん、おたま、フライ返し *店舗によっては取り扱いのない店舗がございます。ご了承ください)

クックパッド編集部