サランラップ®&ジップロック®で♪ 冷凍ストック&電子レンジ活用

時短離乳食講座〜5〜6ヶ月離乳食初期〜

少量の離乳食を1から作るのはなかなか大変。冷凍ストック&電子レンジを上手に活用すれば食材の無駄がなく、調理時間もグっと短縮!ママの心の余裕に繋がります♪この時期しかできない離乳食を赤ちゃんと一緒に楽しんで下さいね。

監修:クックパッド管理栄養士 橋村

管理栄養士としてクックパッドの「おいしい健康」を監修。自身も一児の母として離乳食作りを経験。

離乳食づくりは「サランラップ®&ジップロック®」♪

離乳食の冷凍保存&活用 5つの基本術〜赤ちゃんのために安心な状態で保存&活用するコツ♪〜

温かいままだと冷凍に時間がかかり、周りの食材まで痛んでしまいます。

空気が残っていると霜がつきやすく、変質の原因にも!

ゆっくり冷凍すると食品中の細胞が破壊され、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

赤ちゃんはまだ免疫力が少ないので、1週間を目処に使い切りましょう。

電子レンジを活用したり、鍋で温めるなど必ず再加熱を。

サランラップ®&ジップロック®で♪ 冷凍ストック&電子レンジ活用 時短離乳食講座〜5〜6ヶ月離乳食初期〜

★初期離乳食の進め方のコツ
生後5か月に入り、首がすわってしっかりとしてきた頃が離乳食スタートの目安です。消化のよいお粥など炭水化物からはじめ、慣れてきたら野菜や果物、白身魚などの 食材を増やしていきましょう。

基本の10倍粥から
スタート!

野菜や果物を
プラス

豆腐や白身魚などの
たんぱく質をプラス

食材の組み合わせ
を増やす

慣れてきたら、
1日2回食へ

★初期離乳食 基本のレシピ

材料

  • ごはん 50g
  • 水 250cc

手順

  1. 鍋にごはんと水を入れ、ごはんをほぐす。中火にかけて沸騰したら火を弱め、フタを少しずらしてのせ、約20分煮る。火を止めて、約10分蒸らす。
  2. 粗熱がとれたらすり鉢(またはミキサー)で、なめらかになるまですりつぶす。

コツ

  • ごはん:水=1:5の比率なので、このルールを覚えておくと便利です。

冷凍保存方法

  1. 粗熱がとれたら、製氷皿に大さじ1(約15g)ずつ入れ、サランラップ®をかけて、冷凍する。
  2. 凍ったらキューブ状のお粥を製氷皿から取り出しジップロック®フリーザーバッグに入れて冷凍保存する。

上手な解凍方法

  1. ジップロック®コンテナー(正方形130ml)に、冷凍したお粥キューブを1個入れ、白湯(または水)小さじ1を加える。
  2. フタを少しずらしてのせ、電子レンジ(500W)で30〜40秒加熱する。(お粥の量に合わせて、加熱時間を調整してください)

材料

  • 水 500g
  • 昆布(5cm×10cm) 1枚(5g)
  • かつお節 ひとつかみ(10g)

手順

  1. 水気をしっかりしぼった布巾で昆布を軽く拭き、水とともに鍋に入れ、30分ほど放置する。
  2. 火にかけ、沸騰直前に昆布を鍋から取り出す。かつお節を加え、一煮立ちしたらアクをとり、火を止める。
  3. かつお節が鍋底に沈んだら、キッチンペーパーをのせたザルでこす。

コツ

  • 冷凍保存する時は、ジップロック®フリーザーバッグに作った日付を記入し、1週間程度で使い切りましょう。1個あたりの重量も記載しておくと便利!

冷凍保存方法

  1. 粗熱がとれたら、製氷皿に小さじ2(約10g)ずつ入れ、サランラップ®をかけて、冷凍する。
  2. 凍ったら製氷皿から取り出しジップロック®フリーザーバッグに入れて冷凍保存する。

材料

  • 水 500g
  • 人参
  • キャベツ  合わせて100g
  • 玉ねぎ

手順

  1. 野菜を大きめにカットし(小さく切ると分けにくい)、水とともに鍋に入れ、30分煮る。アクがでたら取り除く。
  2. 野菜が柔らかくなったらザルでこす。

コツ

  • 冷凍保存する時は、ジップロック®フリーザーバッグに作った日付を記入し、1週間程度で使い切りましょう。1個あたりの重量も記載しておくと便利!

冷凍保存方法

  1. 粗熱がとれたら、製氷皿に小さじ2(約10g)ずつ入れ、サランラップ®をかけて、冷凍する。
  2. 凍ったら製氷皿から取り出しジップロック®フリーザーバッグに入れて冷凍保存する。

残った人参・キャベツはそれぞれなめらかになるまですりつぶし、ジップロック®フリーザーバッグに薄くのばして入れて冷凍保存する。 (1片が5または10g程度になるように分割しておくと便利!)

★初期離乳食 基本のレシピ

材料

  • ほうれん草 1束
  • ブロッコリー(小房にわけて) 1株分
  • じゃがいも 1個(皮をむいて約100g)

手順

  • ほうれん草は柔らかめにゆで、葉先のみを離乳食に使用。なめらかになるまですりつぶす(残りは大人用)。
  • ブロッコリーは柔らかめにゆで、花蕾の部分を離乳食に使用。なめらかになるまですりつぶす(残りは大人用)。
  • じゃがいもは、皮をむいて2cm角に切り、水から柔らかくなるまでゆで、水気をきって、なめらかになるまですりつぶす。

冷凍保存方法

ジップロック®フリーザーバッグに薄くのばして入れ、筋目を入れて冷凍保存する。(1片が5gまたは10g程度になるよう分割しておくと便利!)

材料

  • トマト 中1/2個分(約80g)
  • かぼちゃ(種とわたをとって) 150g

手順

  • トマトは、湯むきして種を取り除き、5mm角にカットする。耐熱容器に入れ、サランラップ®をかけて、電子レンジ(500W)で約1分加熱し、なめらかになるまですりつぶす。
  • かぼちゃは、サランラップ®でゆったりと包み、電子レンジ(500W)で約3分加熱する。実をスプーンでかき取り、なめらかになるまですりつぶす。

冷凍保存方法

トマトは、使うときに必要なだけ割って使いましょう。トマトの水分が多い時は、製氷皿に入れて冷凍してもOK。
かぼちゃは、1片が10g程度になるように分割しておくと便利です!ジップロック®フリーザーバッグに作った日付と1片あたりの重量を記入し、1週間程度で使い切りましょう。

材料

  • しらす 50g程度
  • 白身魚(たい、ひらめ、かれい、たらなど) 1/2切れ

手順

  • しらすは茶漉しなどに入れて熱湯をかけた後、すりつぶす。
    白身魚はゆでて、骨や皮を取り除き、すりつぶす。

冷凍保存方法

ジップロック®フリーザーバッグに薄くのばして入れ、筋目を入れて冷凍保存する。(1片が5gまたは10g程度になるよう分割しておくと便利!)

材料

  • 食パン(6枚切り) 1枚

手順

  • パンの耳を落として、8等分にカットする。

冷凍保存方法

サランラップ®でそれぞれを包み、ジップロック®フリーザーバッグに入れて冷凍保存する。

ジップロック®コンテナーで、かしこく時短! 冷凍ストックを組み合わせた、<おすすめ献立>

冷凍ストックを、ジップロック®コンテナーに入れて、電子レンジ加熱すれば、あっと言う間に出来上がり!
離乳食初期は、だんだん食べるものを増やしてあげましょう。

赤ちゃんが口にするものは、 安全で安心できるものを

離乳食は赤ちゃんが味覚を知る入り口ですから、食材は味や香りの良い旬のものやできるだけ新鮮なものを使いましょう。密閉・密封力の高いサランラップ®やジップロック®は食材の「ニオイうつり」や「酸化」を防ぎ、美味しさを保ってくれます。

冷凍保存はサランラップ®&ジップロック®♪

サランラップ®、ジップロック®は旭化成ホームプロダクツ(株)の登録商標です。


■この記事を読んで、サランラップ®&ジップロック®を離乳食作りに活用したいと思いましたか?

■その理由を教えてください。