雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

ぶりの塩焼き

魚のおいしさをシンプルに味わえます
ぶりの塩焼き
now loading...

コツ・ポイント

【ポイント】
いつもの塩焼きが、ちょっと大味だな、と思うことはありませんか?ぜひ、焼く前に塩をして分おいてみてください。このひと手間で臭みや余分な水分(ドリップ)がにじみ出て、魚のいちばんおいしいところだけが際立ちます。さらに表面を水洗いすると余分な塩分も落ち、ちょうどよく薄い塩味が残るので、醤油は必要ありません。

【アドバイス】
最近ではスーパーで売られている切り身も鮮度がよく、質がよくなっています。ただし、塩をする下ごしらえは忘れずに。そのときの塩は、さらさらのものを使ってください。ふりやすく、均一に塩がゆきわたり、また魚に早くしみ込みます。

掲載情報
640aaeed8e0d01029b8afd107765d7b4
『「分とく山」の永久保存レシピ 野﨑洋光 和のおかず決定版』
人気の定番料理から、焼きもの、煮もの、甘味・デザートまで、家庭料理、料理の解説、作り方、アドバイスを通して紹介。人気の料理長が直伝するおいしさ作りの技とコツが満載。
著者:野﨑洋光(分とく山)       価格:2052円(税込)