雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

たらのひと塩干し焼き

軽く干したたらは思いがけない旨みの宝庫
たらのひと塩干し焼き
now loading...

コツ・ポイント

※生だらの切り身
たらは、鯛やひらめなど白身魚で代用可能。

【ポイント】
“ひと塩干し”とは、軽く塩をして半生状態の干物にすることで、どんな魚にも向きます。たらは冬の魚なので常温で干してかまいませんが、ほかの季節なら気温°C以下のところに置いてください。適度に水分が抜ける脱水シートを使っても便利です。

【アドバイス】
魚を干すときは、扇風機の風をあてたり、風通しのよい場所に置けば、数時間でも十分。これでちょうどよい半生の状態になります。またひと塩干しにすると水分が抜けて、火が通りやすくなっています。焼きすぎないように注意して、しっとり焼き上げましょう。

掲載情報
640aaeed8e0d01029b8afd107765d7b4
『「分とく山」の永久保存レシピ 野﨑洋光 和のおかず決定版』
人気の定番料理から、焼きもの、煮もの、甘味・デザートまで、家庭料理、料理の解説、作り方、アドバイスを通して紹介。人気の料理長が直伝するおいしさ作りの技とコツが満載。
著者:野﨑洋光(分とく山)       価格:2052円(税込)