雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

和風ローストビーフ

オーブンいらずで、ごちそうも簡単!
和風ローストビーフ
now loading...

コツ・ポイント

【ポイント】
肉や魚のたんぱく質は、65°Cを境に生から火が入った状態に変わります。この「軽く火が入りながらも生」というぎりぎりの状態のときに甘みが際立ち、舌ざわりもなめらかでいちばんおいしくなります。ローストビーフは、洋風の方法でオーブンで焼くと温度管理が難しいもの。この方法はフライパンで煮て、余熱で火を通すだけ。なんということなく、おいしく作れます。

【アドバイス】
牛肉を焼く前の塩は、たっぷりとしてください。あとで湯に通して落とすので大丈夫です。肉は塩をしておかないのが基本ですが、ここではかたまりなので、表面だけ塩で脱水して肉をしめます。こうすると、焼いたり煮たりしても旨みが逃げにくくなります。

掲載情報
640aaeed8e0d01029b8afd107765d7b4
『「分とく山」の永久保存レシピ 野﨑洋光 和のおかず決定版』
人気の定番料理から、焼きもの、煮もの、甘味・デザートまで、家庭料理、料理の解説、作り方、アドバイスを通して紹介。人気の料理長が直伝するおいしさ作りの技とコツが満載。
著者:野﨑洋光(分とく山)       価格:2052円(税込)