雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

鯛のつや煮

少し甘めのつやが食欲をそそります
鯛のつや煮
now loading...

コツ・ポイント

【ポイント】
魚は煮すぎないのが大原則。つや煮のおいしそうな“つや”は醤油と砂糖、みりんを強火で煮つめることで出るので、鯛に火が入りすぎないよう、軽く煮たら取り出します。そして、煮汁がよい状態になったら戻して表面にさっとからませることで、鯛も煮汁もおいしくいただけます。

【アドバイス】
鯛をお頭つきの一尾で買ったりいただいたりしたときは、身は刺し身にして、頭やかまでつや煮を作っても、とてもおいしいものです。鯛から出たゼラチン質のつやが加わって、旨みがいっそう濃厚になります。

掲載情報
640aaeed8e0d01029b8afd107765d7b4
『「分とく山」の永久保存レシピ 野﨑洋光 和のおかず決定版』
人気の定番料理から、焼きもの、煮もの、甘味・デザートまで、家庭料理、料理の解説、作り方、アドバイスを通して紹介。人気の料理長が直伝するおいしさ作りの技とコツが満載。
著者:野﨑洋光(分とく山)       価格:2052円(税込)