雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

枝豆バターマサラ

スパイシーなのでいろんなお酒と相性抜群。辛さの加減はお好みで。
枝豆バターマサラ
now loading...

コツ・ポイント

【夏食材:枝豆】
ビールに枝豆。夏の鉄板ですが、いつもそれだけでは少しもったいない。枝豆も最近は冷凍で一年中あるのでそれを使ってもいいですが、この時季くらいはさや付きを茹でて、いろんなおつまみに仕立てるのもおすすめです。仕立てるポイントは、色がきれいなのでそれを活かすことと形状。さや付き、さや出し、潰したりと、変化をつけると食感の違いも満喫できます。あとは塩味を意識すること。塩味は豆の味を引き立てますが、酒盗と炒めたり、まぐろの中落ちに醤油を入れて絡めたり、副材料から塩味を持ってくるといつもと違う塩味感、いつもと違う趣を味わえます。さやから出した豆は、副材料との相性も多様で、いじりがいはかなり大。豆のカレーに仕立てたり、ずんだ餅をイメージしたり。ビールからハードリカーまでアレンジ次第で合わせるお酒もいろいろ楽しめます。

このメニューに合うおすすめのお酒:ラム

掲載情報
3892ceafdc5097b6d949da88c6f1ac9f
銀座ロックフィッシュ直伝!誰でもカンタン らくらくつまみ
身近な食材が銀座の人気バーのワザで、簡単に小粋なおつまみに。ハイボールの聖地「銀座・ロックフィッシュ」の店主、間口一就さんが公開する、誰でも簡単にできるウルトラスーパーおつまみレシピ。凝りすぎない、料理にしない、ささっと作るを身上に、切り方をちょっと工夫する、調味料を変えてみる、意外な食材を合わせてみるという目からウロコのテクニックが満載です。
著者:間口一就    定価:1,200円(税抜)