雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

牡蠣のバタークレソン焼き

火を入れた牡蠣の旨味はまた格別。バターのコクとクレソンのひとクセがさらに一杯を誘います。
牡蠣のバタークレソン焼き
now loading...

コツ・ポイント

【冬食材:牡蠣】
冬が旬。海のミルク。まぐちももちろん大好き、牡蠣をテーマにおつまみを。殻付きをチュルチュルもいいですが今回はむき身を使って、さっとできる感じのものをつくりましょう。むき身は大きさで表情が変わるので、わざと小粒でアレンジなんて楽しみ方もあり
ます。牡蠣はまず水洗いをしてぬめりをとり、水気をふくこと。これで生臭さが残らず、キリッと味がぼやけず、本来の旨味が出せます。
あとは、生でよし、炒めてよし、煮ても蒸してもよし。牡蠣自体からエキスが出るのでそれを活かせばOK。旨味を引き立たせるべく調味料を一つ、二つ足すくらい。オリーブオイルやバターを足せば、ちょっと味わいに奥行きも出て、呑めるお酒も増えてきます。クイックに火が入る香草とも好相性。にら、クレソン......。緑色がかわいいし、味のアクセントにもなってぐっと楽しめますよ。

このメニューに合うおすすめのお酒:日本酒

掲載情報
3892ceafdc5097b6d949da88c6f1ac9f
銀座ロックフィッシュ直伝!誰でもカンタン らくらくつまみ
身近な食材が銀座の人気バーのワザで、簡単に小粋なおつまみに。ハイボールの聖地「銀座・ロックフィッシュ」の店主、間口一就さんが公開する、誰でも簡単にできるウルトラスーパーおつまみレシピ。凝りすぎない、料理にしない、ささっと作るを身上に、切り方をちょっと工夫する、調味料を変えてみる、意外な食材を合わせてみるという目からウロコのテクニックが満載です。
著者:間口一就    定価:1,200円(税抜)