雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

海鮮とモヤシのラー油炒め

マヨネーズとラー油の組み合わせは魚介のうま味と好相性。口当たりがよくなるので、できればモヤシのひげ根は取って
海鮮とモヤシのラー油炒め
now loading...

コツ・ポイント

ラー油の原料は、ゴマ油と唐辛子。市販の安いものだとコストダウンのために植物油を使い、パプリカを加えたものもあるようですが、香りが違ってくるので、少し高くてもゴマ油を使ったものがおすすめ。最近では、沖縄の島唐辛子を使ったラー油も人気を集めています。ラー油といえば、ギョーザのタレに加えるのがほとんどですが、私自身はもっと日が当たっていい調味料だと思っています。辛味+ゴマ油の香りは食欲をそそりますし、料理にワンポイント加えるにはうってつけ!少量使うだけでコクや深みをつけられます。私のお気に入りは汁物との合わせワザ。みそ汁やスープ、鍋などにほんの数滴たらすとゴマ油と辛味が混ざり合い、風味が増します。寒いときなどは体がポカポカ温まりますし、ピリッとくる刺激はクセになること必至ですよ。

掲載情報
25841b52c37a73d6c43faa7282c7366d
調味料ってすごい!
話題のラー油をはじめ、オイスターソース、オリーブオイルから塩まで、28種類の調味料の活用法をレシピとともに紹介します。手づくり調味料のレシピも多数掲載。
著者:青木敦子    価格:838円(税抜)