雑誌・料理研究家のレシピが見放題!

鶏肉のフォー

鶏肉のフォーは牛肉のものにくらべてさっぱりしているせいか、どちらかというと女性に人気。ここにご紹介するのは北部スタイルのレシピです。スープは鶏、玉ねぎ、しょうがのみでシンプルにとり、南部と違って生のハーブは添えません。好みで油条という中国の揚げパンとともに食べるのも特徴です。
鶏肉のフォー
now loading...

コツ・ポイント

【鶏肉のフォーが生まれたわけ】
フォーはもともとは牛肉を食べる麺料理。そのルーツは中国の「牛肉粉」という料理だといわれています。鶏肉のフォーがつくられはじめたのは1939年頃から。農業国ベトナムには農耕のための牛が豊富にいたのですが、第二次世界大戦下に不足し、鶏肉でフォーをつくらざるをえなくなったのだそう。ちなみに、フォーはもともと北部ハノイだけで食べられていた料理。南部でも食されるようになったのは、1954年にフランスからの独立戦争が終結し、多くの人がハノイからサイゴン(現ホーチミン)に移住したからだとか。

【フォーに添える卓上調味料と薬味】
・ヌックマム
・ホットチリソース
・にんにくと赤唐辛子の酢漬け
・ライム
・赤唐辛子(辛味の弱い韓国産を斜めに輪切り)
・こぶみかんの葉のせん切り

掲載情報
A8e569185cc777660ed1df797eda22ac
はじめてのベトナム料理 ふだんのごはんとおつまみ、デザート
生春巻きや揚げ春巻き、フォーをはじめとする人気の定番料理はもちろん、ご飯によく合うおかず、ビールがすすむおつまみ、素朴でかわいいデザートがぎっしり詰まったレシピ集です。著者の足立さんは、おつまみやバイン・ミー(ベトナムサンドイッチ)といった屋台料理のスペシャリスト。伊藤さんは、ご飯によく合う家庭料理の伝道師。鈴木さんはあっさり味の北部料理を得意とするレストランシェフ。
価格:1,728円(税込)    著者: 足立 由美子、伊藤 忍、鈴木 珠美 共著