大豆だしのみそ汁

大豆からこんなにも芳醇なだしがとれる驚きと、素朴でも手間ひまかけた甲斐のある逸品
大豆だしのみそ汁
now loading...

コツ・ポイント

だしをとったあとの大豆は、煮物などに再利用していただく。

【些細なことでも、一生懸命にやれば自信につながる。まずは、大豆だけでだしをとってみましょう】
料理僧を名乗るわたしですが、まだまだ自分の料理に自信をもてません。むしろ、勉強を重ねるほど、自分の無知や未熟さに恥じ入るばかりです。そうはいっても、わたしの料理を楽しみに来てくださる方に、「自信がないから今日は何も出せません」などというわけにはいきません。わたしが自分の心をときに落ち着かせ、ときに奮い立たせるものとして大切にしている料理の一つが、大豆だしのみそ汁です。大豆のだしをとるための、単純にして奥深い工程。絶えず手を動かして鍋をふりつつ、心は静かにそこに向かい合う時間を経て、「やるだけのことはやった」と、清々しい達成感を得られます。大豆からこんなに深いだしが出せたと、胸を張れるのです。

掲載情報
446921f51d44c66302318a4d0f34ba17
お寺のしあわせごはん お坊さんに学ぶ、読んで食べて、心が軽くなる言葉とレシピ
命をありがたく、おいしくいただく料理の作り方、食の作法をお坊さんが伝授します。キッチン空間の整え方から、食器、調理器具の選び方、掃除術にいたるまで、食を通じて仏教の教えを実践し、悩みから解放されるためのヒントと、家庭で簡単に作れる精進料理レシピを紹介します。
著書: 青江覚峰    価格:1200円